香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

夢の消滅

f:id:shusaku1:20190326014313j:plain

 

この連休は、中日(なかび)にジムへ行ったくらいで、

 

お酒も飲まず、ほぼ、家の書斎に籠って書き物をしたり、

 

奇跡講座のテキストを読んで過ごした。

 

最近、お酒を飲んでも、あまり美味いと感じられないので

 

自然と飲まなくなってきている。

 

f:id:shusaku1:20190326014155j:plain

 

〝自分は今夢を見ていて、その内容は真実ではない〟

 

という事実を、あらゆる夢の場面に適応することで、

 

実存しないものを実存しないものとして赦す、

 

という毎日である。

 

 

そして、この幻影の原因は心のなかにあり、

 

夢を見る者でいるという選択をしたのは私で、

 

この夢の出来事は、私に対してなされているのではなく、

 

私自身がこれをしている、と〝心〟が認めることで、

 

夢からの解放が起こる。

 

 

この〝心〟が認める、というところがミソで、それには、

 

肉体の自分が頭で理解しているだけではなく、

 

実際の夢の場面で、夢を夢として扱うことが、

 

絶対的に大切になってくる。

 

 

それが夢で、ウソで、でっち上げなのであれば、

 

100%そのように相(あい)対することが必要となる。

 

それが夢の出来事に反応しない、ということであり、

 

わ・た・し・が投影した夢のフィルムを恐れない、

 

ということである。

 

 

そうやって、仕事、子育て、恋愛、家族、人間関係、など、

 

でっち上げ劇場を実際の夢の場面に当てはめて行くと、

 

次第に〝死の夢〟から〝癒しの夢〟へシフトが始まる。

 

やはり、僕たちはまだ肉体を持って夢の中にいるので、

 

先ずは、夢が癒されなければならない。

 

f:id:shusaku1:20190326014303j:plain

 

とは言っても、その人の段階段階によって、

 

赦しのプロセスというか、赦し方は微妙に変化してゆく。

 

僕だって、5年前は、出てくる罪悪感を、

 

聖霊に大放出するだけでもう、いっぱいいっぱいだった。

 

というふうに書けばカッコいいのだが、実際には、

 

仕事でちょちょ舞ていたり、

 

報告書の期日が迫っていたりすると、

 

自分が今夢を見ていることを自覚しつつも、

 

〝没入〟が止まらなかったりする。

 

まあ、僕もまだまだ、夢の途中、なのである。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

上記の記事を書いていた頃は、まだ、

 

夢を見ている自分にただ委ねているだけだった。

 

しかし、今は、夢のひとつひとつを直視しながら、

 

それを赦して行っている。

 

夢の消滅が始まったのだな、と実感している。

 

 

f:id:shusaku1:20190410000116j:plain

 

というわけで、いま、東京に来ている。

 

今日、火曜日に東京に来て、金曜日に香港へ戻る。

 

 

で、JR有楽町駅から日比谷線に乗り換えようと、

 

「日比谷線の有楽町駅に行きたいんですけど…。」

 

と、EXILEみたいなお兄さんに訊いたら、

 

そんな駅はない、と言われた。

 

どこへ行きたいんだと聞き返されたので八丁堀です、

 

と答えると、銀座まで歩け、と道順を教えてくれた。

 

 

街には、初々しいスーツ姿の社会人一年生たちが、

 

ちょっと見頃の過ぎた桜の木の下を闊歩している。

 

ああ、夢でもいいから、あのころに戻りたーい、

 

と思いつつ、必死のパッチで銀座駅目指して歩く、

 

社会人、ン十年目のボクであった。

 

(↑ バリバリ夢の中やな!)