香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

青いマルの中

f:id:shusaku1:20190412001735j:plain


〝青いマルの中〟(決断の主体)にいると、

 

聖霊兄貴にすぐ近くにいるのが感じられる。

 

ハートの布団にくるまって静かにたゆたっている感じ…。

 

まだ、ずっとここに留まれていられる訳ではないけれど、

 

実存を知っているが故に、実存でないものを一笑に付し

 

赦すことができる場所でもある。

 

 

ただ、人や物事を裁いたり判断したりする想いは、

 

まだまだ、僕の中に上がってくる。

 

しかし、それが幻想だと完全に認識して、

 

人を裁きたくなる心の中の原因まで戻って赦してゆく。

 

その罪悪感を、共にいる聖霊に取り消してもらう。

 

f:id:shusaku1:20190412001726j:plain

↑ 夜、同僚と九州居酒屋で飲む。 

 

ただ、今日、気づいたことは、

 

赦しを手段として〝個の肉体としての自分〟が、

 

決断の主体に戻ろうとしている

 

ということがありありと見えたことだ。

 

 

どういう事かというと、

 

これまで僕は原因に戻るというのは、無意識に、

 

自己概念Bが決断の主体に戻ることだと思っていた。

 

そうなると、個の〝わ・た・し・が〟、

 

決断の主体に戻るための赦しをするようになる。

 

それは自我だ、と気づかされたのだ。

 

 

肉体としての自分が決断の主体に戻るのではなく、

 

決断の主体はずっとそこに在り、それを思い出す為に、

 

肉体の自分は、ただ赦すのみなのだった。

 

 

かなり高度なことを言っているのかもしれないが、

 

今の僕にとって、これはかなり衝撃的な気づきであった。

 

f:id:shusaku1:20190412001721j:plain

↑ 八丁堀にはオシャレな小料理屋が軒を並べている

 

というわけで、昨日は一日、東京支社で会議で、

 

今日は不動産屋さんを訪ね、

 

東京の賃貸について、いろいろ話を聞いてきた。

 

担当して下さった男性の方は、東京初心者の僕に、

 

とても親切に、二時間くらいかけて色々教えて下さった。

 

住む場所も、勤務先からの地の利や環境も考慮して、

 

最大限広くて快適な部屋を提案してもらった。

 

家賃10万円で、かなりより物件があることも分かった。

 

なんせ、家賃50万円が普通の香港にいると、

 

東京の家賃が、とても安く思えてくる。

 

f:id:shusaku1:20190412001733j:plain

↑ 今回はアパに泊まった。 

 

そうして、東京移住の覚悟を決めていたら、

 

今日の社長との面談の中で、

 

来期の香港支社の予算がきつくなければ、

 

香港にいた方が仕事がやりやすいのではないか、

 

と、なんだか香港残留っぽい話になってきた。

 

そのとき、ほっ、としている自分がいた。

 

 

天国への期間が保留になった、と喜んでいる自分。

 

ただ、それを認め、赦す。

 

 

〝青いマルの中〟から、

 

帰任保留で歓んでいる個の自分を見つめる。

 

決して、

 

個の自分を、青いマルの中に戻そうとしない。

 

そうすることで、個の自分を幻想の一部とする。

 

 

 そんな感じで、

 

大きな学びのあった東京出張であった。