香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

奇跡の原理

f:id:shusaku1:20190326014303j:plain

 

東京にいる間、なんかおかしいなあ、とは思っていた。

 

決断の主体から幻想を眺めていても、しばらくすると、

 

いつの間にか、世界側へと戻されて行ってしまう。

 

赦しもどこかズレていて、うわ滑った感じがする。

 

いつもの聖霊兄貴と共に在る感覚も薄い。

 

f:id:shusaku1:20190415005010j:plain

 

そんな違和感を引きずるように、

 

羽田空港から、香港へ戻るキャセイ便に乗り込んだ。

 

滑走路が混みあい、飛行機がなかなか離陸しないので、

 

機内で読もうと持ってきた『奇跡の原理』を開いた。

 

最初『神の使者』を持ってこようと思ったのだが、なぜか、

 

『奇跡の原理』が気になり、こちらをカバンに入れた。

 

 

この本を読むのは今回で4度目くらいか…。

 

そして、原理5 のくだりを読んでいるときだった。

 

 

〝私たちが、何をすべきで、何をすべきでないか、を、

 

    選択できるのは、私たち自身ではありません。〟

 

 

〝私たちが気にかけるべき唯一のことは、

 

    自分の自我を聖霊のもとへ運ぶことのみであり、

 

    赦しの延長は、私たちの責任ではありません。

 

    私たちは自分で延長させようとしてしまうのです。

 

    そこが、私たちがしくじりやすいところです。〟

 

 

まだ他にもあるが、これらの文章を読んでいたとき、

 

目の前に、チカチカと光が走り、ガガーン、っと来た。

 

f:id:shusaku1:20190410000110j:plain

 

〝個の自分〟が決断の主体へ戻ろうとしていた。

 

わ・た・し・が決断の主体に留まろうとしていた。

 

 

ここ最近の心地悪さ、というか〝行ったり来たり感〟は、

 

肉体の自分も、この幻想の世界の一部であり、

 

夢を見る者ではなく、見られる夢の一部だった、

 

ということを忘れたことから来ていた。

 

なので、

 

幻想の自分がすることは、ただ直視するだけである。

 

 

例えば、元コンババ部長の言動にイラッときたとき、

 

テレビで紀平選手がトリプルアクセルに失敗したとき、

 

香港から離れるのが寂しいなあ、と思うとき、

 

はたまた、結果を出して、ああ幸せ、と感じるとき、

 

ふっ、と立ち上る〝個の想い〟に反応せず、

 

聖霊と共に、両手を挙げて、ただ直視してゆく。

 

何かを〝行なおう〟とするのではない。

 

世界を実在させてきたものを見つめるだけである。

 

 

反応しないとは、世界に反応しないということではなく、

 

反応する自分をどうにかしようとしない、ということだ。

 

ただ、湧き上がる毒素を、聖霊と共に観る。

 

聖霊兄貴お願いします、も、後はよろしく、もない。

 

もう、一切、自分を動かさない。

 

f:id:shusaku1:20190410000102j:plain

 

そんな感じで、はっと衝撃から立ち直り、機内を見渡す。

 

笑顔で機内サービスしているCAさん、

 

真剣な表情でパソコンに向かうビジネスマン、

 

退屈そうな表情で映画を見ている女性、

 

僕のシートへ肘を寄せてくる隣の香港人のオッサン、

 

この世界丸ごと全部、自分が見ている自我だ、と思った。

 

もちろん、そこには個の肉体の自分も含まれる。

 

なぜなら、肉体の自分が感じることで、

 

この幻想の世界を実存させているからだ。

 

 

原理5をもう一度読んだあと、しばし目を閉じ、

 

心地よい良いものも、そうでないものも、

 

両手を挙げた状態で兄貴と共に観止め、何もしない。

 

ともすれば出しゃばろうとする個の自分をも捉え、

 

聖霊を信頼して任せる。

 

 

自分が消え、幻影の世界が消えてゆく…。

 

これって、自己を消し、世界を消してゆく作業なのだ。

 

 

この自分が消えた感覚から世界を観ている感じ…。

 

あれ?ここって、決断の主体ではないか?

 

ああ、そういうことか。

 

そこは自分で辿り着く場所ではなかったのだ。

 

f:id:shusaku1:20190410000107j:plain

 

いつもは四時間ほどで香港に着くのだが、

 

この日は強い偏西風の逆風に煽られ、五時間経っても、

 

飛行機はまだ台湾の辺りを飛んでいる。

 

 

奇跡の原理も読み終え、

 

それでもまだ香港に着かないので、 

 

『ムーンライト』という、とても切ない映画を観た。

 

CAがワインもう一杯いかがですか、と訊いてきた。

 

お願いします、と答えたとき、

 

僕の心の中にも逆風(向かい風)が吹き始めた。

 

 

つづく…。