香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

咲き誇る花に…

f:id:shusaku1:20190427123438j:plain

↑ なんと、ソメイヨシノがまだ咲いていた!

 

週末の大阪はとても風が強く、肌寒かった。

 

それでも、実家の近くを散策すれば、緑は息吹き、

 

土手には様々な花が咲き誇っていた。

 

八重桜などの桜もまだ残っていて、うれしかった。

 

父も母も穏やかな毎日を過ごしている。

 

赦すべき葛藤が何も浮上してこない休日…。

 

f:id:shusaku1:20190427123526j:plain

 

この現実世界で起きているあらゆる事象が全くの夢で、

 

存在していない幻影だ、と、赦しをするごとに、

 

何度も認識され続けてくると、

 

本当に〝ここ〟が、ただの投影の場だと解かってくる。

 

やがて、この投影は全て心から来ていることに気づき、

 

心の中の投影の元ネタ(葛藤や罪悪感)を、

 

聖霊の中で見つめることを続けるうち、

 

次第に自覚し始めたのが〝神の子の自分〟だった。

 

 

自分が完全で全く欠けた部分のない、全てを与えられた

 

天国で神から100%愛されている神の子だった、

 

という知覚がじわじわと芽生え始めたのだ。

 

 

ただ、肉体としての個の自分が神の子である、

 

というのではなく、何ていうか、それは、

 

自己も他者も含んだ、全包含的な視点での認識である。

 

全てを包含した中では、自他の区別は無く、

 

どちらが与えても受け取っても同じだと感じられてくる。

 

例えば、誰かに一万円を支払ったとして、

 

そこに惜しい、減る、という感覚は無く、

 

自分が自分に与えているような感じで、

 

それ以外には何の意味もないように思えてくるのだ。

 

f:id:shusaku1:20190427123455j:plain

 

分離の反対語は〝繋がる〟であるが、

 

それは、数珠のような繋がり方ではなく、

 

全てがひとつの点に包含されているような感覚で、

 

言葉にすれば、なんていうか〝共有〟に近い。

 

 

意識の中に、この〝神の子の認識〟が生まれてくると、

 

幻想に価値を置くことなく、幻想を直視できるようになる。

 

まあ、僕もまだまだ、練習を必要とする身なのだが、

 

〝神の子の自覚〟が芽生えたことで、

 

自我への恐れがなくなり、自我を自我として観る。

 

f:id:shusaku1:20190429001944j:plain



f:id:shusaku1:20190429001951j:plain

 

f:id:shusaku1:20190429001954j:plain

↑ 全日空の安全ビデオが歌舞伎仕立てで面白い
 

 

帰りも全日空で香港へ戻った。

 

10連休ということで、関空は人でごった返していた。

 

機内の乗客のうち、9割が日本人だった。

 

後ろの席にいる、3、4歳くらいの小さな男の子が、

 

おしくらまんじゅう、おっしー、おっしー、と歌いながら、

 

「シートベルトを着用願います。」といった機内アナウンス

 

が入るたびに、はい、と返事するのがなんとも可愛く、

 

そのたびに幸せな気持ちが溢れてきた。

 

f:id:shusaku1:20190429002000j:plain

↑ 大山鶏のカツカレー。食事はJALよりANAが好きかも。

  機内が寒くなければイケイケキャセイも好き。

 (↑ おーいっ!どんだけ序列や!)

 

 

機内では、ワインを飲みながら、ゲイリーの4冊目、

 

イエスとブッタがなんちゃら、という本を読んで過ごした。

 

教科書的なワプニック氏の本とは対照的に、

 

ゲイリーの本にはある種のユーモアと明るさがあり、

 

J&Bの転生の物語も非常に興味深く、面白かった。

 

 

というわけで、自分はもう、何の遠慮も無く、

 

神の子として存在していいのだ、という自覚が芽生えた、

 

今回の日本滞在であった。