香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

とっても〝コース〟な一日

f:id:shusaku1:20190512014350j:plain


先週の水曜日、全社員が参加する会議があり、

 

僕も香港からスカイプで参加した。

 

まず、社長が来期に向けての指針を述べた。

 

 

「わたしは、これからは一切怒りません。

 

 もし、わたしがイライラしていたり、怒っていたら、

 

 社長、怒ってますよ、とわたしに注意してください。」

 

 

「愛のある優しい会社というのは、外面だけではなく、

 

 身内にも愛と優しさがなければならないと気づきました。

 

 人には優しく、仕事には厳しく、と言う人がいますが、

 

 仕事で怒られて愛でいられる人などいません。

 

 だからわたしは怒らないと決めました。」

 

と言うのである。

 

 

す、すげー!

 

一瞬、アセンションでも起こったのか、と思った。(笑)

 

社長、60歳、山梨生まれの山梨育ち、

 

元々優しい人ではあるのだが、少し短気な所があった。

 

でも、去年の10月、新会社に業務移管をして以降、

 

会社の雰囲気は格段に良くなった。

 

普通の組織ではごく当たり前に行われている、

 

〝防衛の為の攻撃〟をする人がいなくなったし、

 

別に、そうしろ、と指示が出ているわけでもないのに、

 

上司と部下の間でも、互いに敬語で話すようになった。

 

f:id:shusaku1:20190512014354j:plain

 

外界の世界には、

 

隠蔽された自分の心の中が投影されている。

 

隠蔽しているように見えても、実はすべてが眼前に、

 

むき出しとなってさらけ出されているのだ。

 

ある人が、我慢ならないことを自分にして見せたら、

 

その人は、自分の心の中そのものを代表しており、

 

誰かを批判したくなれば、その誰かこそが、

 

隠蔽している自分そのものの〝想い〟だということだ。

 

 

ここが、見えない自分の心の中の写し絵であるが故に、

 

相手が本当にやっているように見えることを通して、

 

自分の心の中を直視し、聖霊へ運ぶことで、

 

〝夢の中の兄弟〟ではなく、兄弟自身とつながるのだ。

 

そうやって、わたしはあなたとひとつであって、

 

分離していないひとつの心だ、ということを確認しあう。

 

その、和解された心の中に父が居る。

 

f:id:shusaku1:20190512014400j:plain

 

というわけで、今日は土曜日、4連休の2日目である。

 

一歩も家から出ず、コース漬けの一日を送った。

 

加藤氏の聖霊のレッスンCの講義を再読したあと、

 

奇跡講座26章を詳細におさらいした。

 

それから、ワプニック氏の音声を聞きながら、

 

昼食(ヨーグルトとキウイと鶏の胸肉)を食べた。

 

午後は、ゲイリーの四冊目を読み、瞑想をしてから、

 

決断の主体へと戻るまでに障壁となっている感情を、

 

聖霊へ運ぶ〝超強力大放出ワーク〟をして過ごした。

 

 

いつもは仕事や日常生活を送る中での実践が主で、

 

理論の勉強や動画の視聴も、

 

乗り物の中とか、カフェとかでやることが多く、

 

こうやって自宅で、集中してコースと向き合える時間は、

 

僕にとってはとても貴重である。

 

だが、これは週に一、二度だからよいのであって、

 

これが毎日続くと、逆に今度は、

 

〝コース漬け〟という夢を使って隠蔽を図ろうとする。

 

 

どういうことかと言うと、

 

来る日も来る日も、コースの勉強だけに没入し、

 

コースの中だけで1日が終わるような生活を続けていると

 

本人は学びが進んでいるように思っていても、実の所、

 

無意識のうちに、投影を抑圧してしまっていたりする。

 

 

例えば、

 

普段はコースな一日の中で平安に過ごせているのに、

 

普通の社会で赦しを実践しているコース兄弟なら、

 

すぐ赦せるようなほんの些細なことに遭遇しただけで、

 

ものすごく動揺してしまったりするのだ。

 

兄弟から次々にもたらされるレッスンを、

 

巧妙に(←ここ重要)避けるようになってしまうのである。

 

もちろん、没頭している本人はそのことに気づいておらず

 

そこを指摘されれば、多分、怒りだすだろう。

 

 

僕たちがコースで真理を学んでいるのと同様に、

 

自我もそれに対する対処法を学んでおり、

 

学びが進むほど、自我の巧妙さも増す。

 

そういう意味で、僕自身の心の中に顕われる、

 

〝やる気満々〟な兄弟たちには本当に感謝しかなく、

 

愛であり、頼もしい存在でもある。

 

 

夜は、夜気が心地よかったので、ベランダに出て、

 

ラムロックを飲みながら、小説を書いた。

 

ちは三階で、森がすぐそこまで迫っているので、

 

窓を開けていると、蚊、蜂、アブ、蝶々、蛾、

 

ムカデ、トカゲ、カナブン、カブトムシ、ホタル、

 

など、ありとあらゆる虫たちが飛び込んでくる。

 

しかし電気の虫よけはつけなかった。

 

虫によって、何らかの危害を加えられる、

 

という概念自体がなくなっていた。

 

ただ、部屋に虫や蜂が迷い込んできたときは、

 

出られなくなると可哀そうなので、

 

全力で追いかけ、逃がしてやる。

 

 

 

聖霊兄貴は、

 

虫を恐れたり憎んだりするはずはない。