香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

君は兄貴を憶えているか

f:id:shusaku1:20190516000409j:plain

 

火曜日にTBSでやってる 『わたし、定時で帰ります。』

 

というドラマの中で、主演の吉高由里子が、

 

どんなに忙しくても、ちゃんと定時で帰れるように、

 

様々な工夫をしているのを見て、自分も真似てみた。

 

 

小さな付箋に今日やる仕事の内容を書く。

 

このとき、誰々に電話をする、というような些細な用事も、

 

一つの仕事として付箋に書いてゆく。

 

次にその付箋を、やっていく順に並べるのだが、

 

雑用のような小さな仕事は前に持ってきて、

 

腰を落ち着けてやるメインの仕事は後ろに持ってくる。

 

そして、順番が決まったら、何時から何時まで、と、

 

時間を書き込み、パソコン画面の右端に貼ってゆく。

 

決めたらもう、何としてもその時間内にやり遂げる。

 

また、その間は、付箋に書かれた以外の仕事はしない。

 

途中で、別の重要な仕事が入っても、

 

今やってる仕事を中断してそれをやるのではく、

 

内容と時間を付箋に書き、PCの横に貼り、

 

今の仕事を続ける。

 

終わった仕事の付箋は剥がして、どんどん捨てる。

 

メールなどのチェックも、その時間が来るまでしない。

 

要は、今やってることを中断して他の事をしない、

 

新たな仕事は付箋に書き、必ずその順番にやる。

 

 

やってみて驚いた。

 

頭を使わないルーチン仕事を先に片づけるので、

 

その後で落ち着いてメインの仕事に取り掛かれるし、

 

各仕事を頑張って少しずつ早く終わらせることで、

 

時間に余裕ができる。

 

今日は多分残業だな、と思っていたのに、な、なんと、

 

6時きっかりに全ての仕事が終わってしまった。

 

 

おおっ、さっすが、吉高由里子、すごいっ!

 

トリスのハイボールを飲んでるだけのことはある!(笑)

 

f:id:shusaku1:20190516000402j:plain

 

とまあこんな感じで、今週はオフィスでお仕事をしている。

 

それで昼休み、お弁当の鶏の胸肉を食べながら、

 

ワプニック氏の『奇跡の原理』を読んでいると、

 

原理15に次のような文章があった。

 

 

〝毎朝、「聖霊よ。今日一日、私と共にいて下さい。」

 

 と祈った後、一日の中の、それ以外の時点では、

 

 聖霊について考えないなら、それは魔術です。

 

 (中略)その後も一日中、

 

 聖霊について考えるべきだということです。

 

 そうでなければ、あなたは、

 

 ただ自動操縦モードに入れば全てがうまくいく、

 

 という希望を抱くことになるからです。〟

 

 

そう言えば、

 

葛藤や苦しみを伴うような感情を抱いていない時、

 

または、

 

心穏やかで平和な時間を過ごしている時って、

 

聖霊を忘れているかも…。

 

 

一日中、どんな瞬間も聖霊を思い出していること、

 

聖霊の心眼(ビジョン)を通して、毎瞬、毎瞬、

 

自分が何を投影しているかを自覚しながら生活する。

 

こうやって、食事をしている時も、テレビを視ている時も、

 

仕事をしている時も、誰かとお喋りをしている時も、

 

ずっと聖霊を憶えていることで自我に警戒してゆける。

 

 

この文章を読んで、僕はとてもワクワクと嬉しくなった。

 

自分が思い出しさえすれば、

 

聖霊(J兄貴)は即座に僕たちと共に寄り添ってくれる。

 

そうやって、僕が実在させている投影を共に観ながら、

 

それは起こってないんだよ、と優しく導いてくれるのだ。

 

f:id:shusaku1:20190516000357j:plain

 

で、午後から早速、実践してみた。

 

聖霊兄貴を〝意識的〟に想い出しながら、

 

エクセルの数字を分析し、メールを読み、

 

コーヒーを淹れ、元コンババ部長の電話に応対する。

 

 

まあ、今日は事務所に僕一人だったこともあるが

 

以前は、すぐに無意識状態になってしまっていたのに、

 

今では、ちゃんと聖霊を中心に据えながらも、

 

普通に仕事や生活ができている。

 

ちょっと感動…!

 

ワプニック氏が言うように、聖霊と共に在るために、

 

心を訓練していくことは大切なのだな、としみじみ思う。

 

 

こうやって、聖霊の事を考えている状態のとき、

 

ここが夢だ、とちゃんと認識でき、

 

自分が世界に投影しているものを冷静に直視でき、

 

そして、周囲に平安を与えていることが自覚できる。

 

自然に、ふっ、と湧いてくる個の想いも、

 

咎めずに眺めることができる。

 

 

気がついたら、

 

普通に生活をしながら、決断の主体にいた。

 

ていうか、決断の主体の中で生活していた。(笑)

 

 

こうやって、聖霊を忘れずに24時間を過ごすことは、

 

神の国を護るために警戒することでもある、

 

と学んだ一日であった。

 

 

よし、しばらく、これでやってみよう。

 

( ↑ ずっとやれよ!)