香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

背後と背後でこんにちは

f:id:shusaku1:20190518190115j:plain

 

前回の記事で書いた、どんなときも、間断なく、

 

聖霊を憶えている、という心の訓練は、

 

僕にさまざまな変化をもたらした。

 

 

そうは言っても、僕もまだまだ修行の身であるため、

 

忘れては思い出し、離れては戻り、の繰り返しである。

 

それでも、自分は肉体ではなく〝心〟だったんだ、

 

という自覚の中で、自分というアイデンティティが、

 

肉体から心へと、移行し始めたのを感じている。

 

 

というのも、

 

以前、このブログでも書いた〝自我の逆襲〟以降、

 

心の中へ戻ることが怖くなっていた時期があり、

 

自己概念B(肉体)レベルで大放出をしてしまっていたり、

 

どこか、うわ滑ったような赦しをしていたりした。

 

 

まあ〝ドカびゅん〟マックスの最中は、

 

外に原因を見いだすこともできず、また、

 

誰のせいにもできない恐怖や怒りにただなす術もなく、

 

その〝自我の抵抗〟が落ち着いてからも、

 

無意識のうちに古傷が疼くのを避けるようになっていた。

 

 

しかし、四六時中、聖霊を想い出していることで、

 

自我に警戒をするようになったからか、

 

自分のアイデンティティが肉体から心に移行すると、

 

徐々に、肉体が自分だ、という感覚が薄れはじめ、

 

逆に、自分は肉体ではない、という感覚が強くなった。

 

 

それでもまだ、僕の心の中(自己概念A)は、

 

間違った心の状態なのだけれど、

 

そんな心の中を直視して赦せるようになってきた。

 

これからは、こうやって、聖霊兄貴と共に、

 

心の中から世界を眺めてゆくうち、いつかきっと、

 

決断の主体にまで運ばれていくのだな、と確信した。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

人や、動物や、街の風景や、自然の風景など、

 

世界が全て後ろ側(心の中)へ返されてゆく。

 

やがて、自分が肉体ではなく、心だった、と自覚すると、

 

この兄弟も、あの兄弟も、みんな肉体じゃなかった、

 

というふうに知覚されてくる。

 

 

感覚的に言うと、自分の背後と、他者の背後、つまり、

 

自分の心の中と他者の心の中は後方で繋がっており、

 

同じひとつのものだった、と感覚化されてくる。

 

 

そうなると、肉体としての誰かがやっていることを見て、

 

この人はこういう所が間違っている、とか、

 

あの人はまだ分かっていない、と思うことに、

 

一体、何の意味があるというのだろう。

 

だって、その人が本当にどうなのか、なんて、

 

誰にもわからないし、誰かを見て何かを想ったとすれば、

 

それは自分の心の中を通して見た他者の姿のだから、

 

それはまぎれもない〝自分の姿〟である筈である。

 

 

しかし、僕も、そんなに偉そうなことは言えない。

 

それでも、相手を批判したくなる衝動は湧いてくる。

 

ただ、聖霊を感じながら生活している中で、

 

そういうことに、少しずつ気づけるようになってきている。

 

f:id:shusaku1:20190518190131j:plain

 

というわけで、明日から山梨の甲府である。

 

月曜日と火曜日の午前中を甲府で過ごして、

 

午後から東京へ移動をする。

 

明日日曜に日本へ移動するので、休日出勤である。

 

これで、未消化の代休が4日になった。

 

休みを取らないと元コンババ部長がうるさいので、

 

それで、来月、ごそっと連休を取ろうと考えている。

 

 

今回の飛行機は、行きも帰りも日本航空。

 

JALは、即席ではないお味噌汁が出る。

 

というわけで、

 

日本では、美味しいものをいっぱい食べながら、

 

これらの、

 

起っているように見える心の中の出来事を見つめ、

 

聖霊にごそっと捧げてゆくのだ。