香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ムシムシ男

f:id:shusaku1:20190527000547j:plain

 

今日は、銀行まで、小口現金を下ろしに行ってきた。

 

秘書のケリーが退職してからというもの、

 

自分で銀行へ行き、自分でお金を下ろしている。

 

それだけでなく、歯医者の予約や、税金申告や、

 

航空券や、社用車の手配ですら自分でやっている、

 

なんだか、ここ一年で、

 

自分ひとりでできることが大幅に増えた気がする。

 

おっさん、成長しましたっ!

 

f:id:shusaku1:20190527000602j:plain

↑ 今年もドリアン祭りが来たよ!

 

心の中(決断の主体)へ戻って赦しをしてゆく際には、

 

起きている基となっている原因を直視してゆくわけだが、

 

僕の場合、幻想の〝罪悪感〟を見て光に晒したあとは、

 

赦した内容をさっさと忘れてしまうことにしている。

 

そうすることで、罪悪感など存在せず、世界は無である、

 

の中を生きていることになる。

 

 

どういうことかと言うと、

 

例えば、仲間内で、自分だけ、微妙に無視されていたり、

 

いつも損な役回りばかり押し付けられたり、

 

あからさまに不当な扱いを受けているとする。

 

そんなとき、心(決断の主体)に戻って、

 

自動的に湧き出してくる毒素のような罪悪感を凝視し、

 

〝これ、起こってないよ〟という聖霊の声を聴いたなら、

 

あとは、その事には一秒たりとも意識を向けないこと、

 

たとえ、兄弟が自分の目の前で、

 

どんなパフォーマンスを繰り広げていたとしても、

 

いったん心に戻り、間違った想いを聖霊へ捧げたなら、

 

その兄弟がやっていることには一切関知しない。

 

勝手にやってろ、くらいな感じで放っておくのだ。

 

それが、実践ベースでの世界を実在させない、または、

 

自我を断固拒否する、ことだと思うからだ。

 

 

ただ、ここで大事になってくるのは、

 

〝先に赦す〟ということだ。

 

世界は無い、こんな兄弟は存在すらしていない、

 

だけが先行してしまうと、せっかく出てきた罪悪感を、

 

今度は逆に抑圧してしまうことになる。

 

そうやって、抑圧されたものが再度世界に投影され、

 

それを見てまた「兄弟なんていないんだぁ」とやる。

 

 

というわけで、これからは、

 

世界を無視でもなく、誰かを否定するのでもなく、

 

無いものは無い、と、真に放置しておけるよう、

 

心を訓練することが、重要な鍵となってくる。

 

 

なので、一旦、即行聖霊のいる場所まで戻り、

 

本当の原因を直視したら、あとはもう、

 

相手が何をしていようと、

 

「ああ、はいはい。わかった、わかった。」

 

でいい。