香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

爆買い以外の自由

f:id:shusaku1:20190610230931j:plain

 

昨日は、香港のデモがすごかった。

 

15年前の国家転覆罪の制定に反対するデモの時より、

 

はるかに人数がおおい。

 

本来なら、こんな日は外出を控えるのだが、あいにく、

 

不動産屋さんと部屋を見に行く約束をしていた。

 

それで、ちょうどデモ隊の波と鉢合わせしてしまった。

 

f:id:shusaku1:20190610230927j:plain

 

長い長い植民地時代を生き抜いてきた香港人は、

 

万一に備えてお金を貯め、ひとたび事が起これば、

 

即座に外国へ逃げるのが定番のスタイルだった。

 

しかし今日、みんな、白いTシャツを着て歩いている。

 

気温は35度、誰だって、せっかくの日曜日の午後に、

 

わざわざ、こんな炎天下を歩きたくなんかない。

 

そのことからも、

 

もう逃げずに、自分たちの香港を守ろうとする、

 

彼らの強い意志が覗える。

 

f:id:shusaku1:20190610230934j:plain

 

前回の国家転覆罪はなんとか制定を回避できたが、

 

今回、この引き渡し条例が可決、制定されれば、

 

香港に居住、または滞在している如何なる者も、

 

中国政府が要請すれば、理由を告げることなく、

 

いつでも、拘束し、中国へ連行してよいことになる。

 

以前から、

 

中共を批判した書籍を扱う書店のオーナーや、

 

記者たちが、こつ然と姿を消したりしていたが、

 

今後は、こういった事が合法化されるのだ。

 

 

香港トップの女性行政長官(日本で言えば総理大臣)は、

 

どんなことがあってもこの法案を通す、と息巻いている。

 

抗議する市民たちに対しては、

 

「いやなら香港から出て行けばいいじゃないの。」

 

と、平然と言ってのけた。

 

だが、香港市民には、

 

共産党から指名を受けた彼女を辞職させる方策がない。

 

f:id:shusaku1:20190610230942j:plain

↑ 空港内のホテルにチェックインした夜、

   深圳(シンセン)空港内をぶらぶら散策する 

 

デモの様子を見ながら、これは僕の心の中なんだ、

 

と、自分の内側をじっと注視する。

 

本当は、このことで動揺しているのではない、と解かる。

 

これは、天国からの分離を投影した無数の映像の中の、

 

一つのストーリーに過ぎず、本当は国家も存在しないし

 

問題は、夢を見ている者の方にある。

 

 

聖霊兄貴を思い出す。

 

幻想を、赦す。

 

夢は夢であり、実在しないが故に、赦す。

 

ただ、見つめ、消えてゆく姿として、見送ってゆく。

 

そして、この夢の映像には何の意味も無かったことを

 

ただ観止め、凝視し、想い出してゆく。

 

f:id:shusaku1:20190610230945j:plain

↑ だらっだら、な深圳(シンセン)空港の空港警備隊

   ケータイを見てる隊員もいるよ。

 

というわけで、いまは月曜日の夜、

 

深圳空港内のホテル、ハイアットリージェンシーにいる。

 

明日はここから、水墨画で有名な杭州へ飛ぶ。

 

この出張から戻ったあくる日からは、

 

超ハードスケジュールとなり、時間は一気に加速する。

 

中でも、大変なのは、引越しをどうするか、だ。

 

これまで引越しはずっとアート引越センターだった。

 

なので、今回もお願いしようと電話してみたら、

 

アートの香港支社は昨年クローズしていた。

 

で、今回はヤマト運輸香港にお願いしようと思って

 

電話をしてみると、以前アート引越センターにおられた、

 

日本人女性スタッフの方が出てこられた。

 

彼女は、8年前の僕の引っ越しを憶えてくれていた。

 

まだ、奇跡講座も、非二元も、バシャールも、

 

知らなかった時代のことが想い出され、

 

深い感慨に包まれたボクであった。