香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

国家を赦す日

f:id:shusaku1:20190606002327j:plain

 

ここへ来て、

 

心の中の罪悪感をただ見つめてゆくだけだ、とか、

 

心の中のびゅんびゅんを兄貴に明け渡すのだ、とか、

 

決断の主体へ戻った場所から赦しをするのだ、

 

といった、理論的な赦しから、

 

次々と眼前に立ち顕われてくる、人や物や出来事を、

 

ただ単純に、文字通りに〝赦して〟ゆくという、

 

とてもシンプルな赦しに至った今日この頃である。

 

 

僕たちは24時間、眠っている時でさえ、何かを考え、

 

何かを行ない、何かを見たり聴いたりしているわけだが、

 

その全ての時間に於いて、赦すことを忘れていないこと、

 

それが聖霊を想い出していることとなる。

 

 

赦しに難しい解釈など要らなかった。

 

兄弟がしているように見えることから感じる動揺を、

 

それは自分の心の中そのものだった、として赦す。

 

ただのでっち上げであり、起こっていないが故に赦す。

 

 

もうまさに、

 

赦す、という言葉の意味の通りに、ただ赦せばよかった。

 

赦しは、本来、言葉では説明できないものであり、

 

それは、ある種の〝感じ〟あるいは〝感覚〟でもある。

 

 

なぜなら、赦そうとした時の、どこか愛おしいような感覚、

 

赦している最中に感じる、全てを肯定するような感覚、

 

そして、赦した後の自分が癒されてゆく感覚は、

 

実践を通して体験し、深まってゆくものだと思うから…。

 

 

ただ、皮肉なことに、この単純な赦しに至るまでに、

 

心の中の罪悪感をただ見つめてゆくだけだ、とか、

 

心の中のびゅんびゅんを兄貴に明け渡すのだ、とか、

 

決断の主体へ戻った場所から赦しをするのだ、

 

という過程を経る必要がある。

 

 

そして、

 

前回の記事で書いたような赦しの後に訪れるのは、

 

相手を赦せば、自分の心の中が赦され、癒される、

 

という事実だ。

 

 

そこが腑に落ちると、あとは実践をしていくだけである。

 

これも、それも、あれも赦すのみ。

 

夢の世界で、良いとされる事も、悪とされる事も、赦す。

 

f:id:shusaku1:20190608002106j:plain

 

というわけで、

 

明日(日曜)は、香港で大規模なデモが行われる。

 

 

もともとは、中国と香港の間で、殺人や詐欺など、

 

凶悪な犯罪を犯した者が相手国へ逃亡した際、

 

互いに犯罪者を引き渡しましょう、という、

 

〝犯罪者引き渡し条例〟の制定を検討していたのだが、

 

あるとき、そこへ、

 

〝香港内に滞在する者は、国籍にかかわらず、

 

 中国政府が要請すれば、いつでも中国国内に連行し、

 

 取り調べを受けさせることができる。〟

 

という一文が加えられた。

 

この条例が立法局を通過すると、香港にいるだけで、

 

理由の如何に関わらず、中国政府が連行すると言えば

 

いつでも連れて行かれることになる。

 

また、財産も、没収される可能性があるというのだ。

 

 

日本で、安倍総理を批判しても逮捕されることはないが、

 

今後、香港で中国政府を批判すれば投獄される。

 

 

その条例に対する抗議デモが、明日、香港で開かれる。

 

しかし、今の香港は、たとえ選挙に通ったとしても、

 

中国共産党が認めた人しか議員になれないので、

 

現職議員はみな共産党の言いなりであり、

 

今回の条例も、すんなり可決されるとみられる。

 

f:id:shusaku1:20190608002111j:plain

 

国家を赦す。

 

自分の心が作り上げた、幻想の国家を赦す。

 

ただ〝赦す〟という文字の通りに赦す。

 

それだけ…。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com