香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

〝ふっ〟に支配された人生

f:id:shusaku1:20190608002111j:plain

↑ 残業でバスがなくなると、

   アパートへ続くこの階段を使う

 

なんていうか、僕たちは24時間、

 

〝ふっ〟と上ってくる想いに支配されている。

 

〝ふっ〟とアイスクリームが無性に食べたくなり、

 

〝ふっ〟と奇跡講座を学ぼうと思い立ち、

 

〝ふっ〟と誰かを好きになったり嫌いになったりする。

 

 

夕食はハンバーグにしよう、とか、もう寝よう、とか、

 

あの人にLINEしてみよう、とか、この服が好き、

 

といった、日常のあらゆる決定事項を、僕らは、

 

自分の頭で考え、決めているように思っているが、

 

その決定に至るまでの想いの根源をようく観てゆくと、

 

それは脳裏に〝ふっ〟と浮かんだ想いから来ており、

 

自分で決めているのではないことが分かる。

 

言い変えると、

 

アイスクリームが食べたい、という想いが〝ふっ〟と、

 

起こらない限り、僕達はアイスクリームを食べることを

 

〝決定〟できないのだ。

 

f:id:shusaku1:20190602034851j:plain

↑ フィリピンのホテルの窓から 

 

それで、僕はもう、

 

この〝ふっ〟に抵抗することを止めることにした。

 

直感に逆らうことに疲れたのだ。

 

 

例えば、 

 

あっ、このケーキめちゃ美味そう、と思ったら買う。

 

一個1000円であろうが、肥るかも、と思おうが買う。

 

あの人どうしてるかな、と思ったら連絡してみる。

 

この用が済んでから、とか、以前、気まずい事あったし、

 

という想いが出てこようが、すぐに連絡をする。

 

仕事の帰り、ふと、虫よけスプレーを買わねば、

 

という想いが浮かんだら、即行スーパーへ行って買う。

 

今日は疲れているし、急ぎではないし、

 

と頭が考えたとしても、即行買う。

 

その他にも、今は忙しいから、とか、

 

まあ、今度会った時に言えばいっか、とか、

 

そういう後付けの想いを無視してとりあえずやっとく。

 

 

以前から、

 

ふっ、と浮かぶ想いには忠実になるようにはしていたが、

 

もう、年齢が年齢なので、実行を後回しにしていると、

 

いつの間にか、忘れてしまうのだ。(笑)

 

 

まあ、これは、赦しとは一切関係ないのだが、

 

〝ふっ〟に委ねていると、

 

自分でやるのを止めることによって、

 

コントロールしたい自分に気づいたり、

 

〝ふっ〟と上ってくる想いを、

 

自分と同一化させている瞬間を目撃できることが分った。

 

 

なので、直感に従えば現実がよくなる、とか、

 

直感に委ねれば、問題が解決し、全てがうまくいく、

 

という話をしているのではない。

 

f:id:shusaku1:20190531223608j:plain

 

で、今回、これら〝ふっ〟から来る想いを見つめ、

 

赦しを実践してゆくための、

 

ドンピシャな現実がやって来た。

 

〝お引越し〟である。

 

 

今のアパートに住んで、すでに8年が経つのだが、

 

そのアパートの契約期間が7月10日で切れるので、

 

今回、思い切って引越しを敢行することにした。

 

まあ、8年も住んでいると内装も古くなり、

 

窓が閉まらなくなったり、壁が黒ずんでいたり、

 

フローリングがパカパカになっていたりする。

 

で、たとえ今のところより狭くなったとしても、

 

画一的な家族用のタワーマンションなどではなく、

 

市中心部にあるアーティスティックな部屋に住みたい、

 

と〝ふっ〟と考えたのだった。

 

f:id:shusaku1:20190609235841j:plain

↑ 今日も見た、手つなぎ親子。

   お揃いの半ズボン、子供はお父さんよりデカい

 

あっ、その前に、

 

皆様にお伝えしておかねばならないことがある。

 

結局僕は、このまま香港に残ることになったのだ!

 

というのも、

 

どうしても東京での生活が想像できなかった僕は、

 

前回の日本出張で社長と面談した際、ふっ、と、

 

「やっぱり香港に残りたいです。日本はダメみたいです。」

 

とはっきり言ったところ、香港駐在継続が決まった。

 

 

へっ?いいの?

 

じゃあ、なんで東京へ戻ってこいなんて言ったんだよぉ。

 

これまでに赦し続けてきた、あの喪失感や動揺は

 

一体何だったんだ!

 

と、ここまできて、いかに自分が、この〝東京帰任物語〟

 

をリアルにしていたか、ということにハタと気づいた。

 

 

なぜなら、社長が発した、

 

「話は分かった。じゃあ、君にかかる香港の経費も、

 

 ちゃんと香港支社の予算に計上し直しといてね。」

 

の一言を聴いた途端に、これまでの喪失感や動揺が、

 

まるでモルヒネでも打たれたかのように、

 

さっ、と消えてしまったからだ。

 

f:id:shusaku1:20190610230938j:plain

↑ 深圳ハイアットリージェンシーの厨房

   料理は本当においしかった。

 

結局、いくら理論を学び、分かっているつもりでいても、

 

動揺の渦中で、いかにガチで赦しを実践していても、

 

その動揺が物理的に消滅した瞬間、

 

ああ助かったあ~、という安堵の想いが込み上げてくる。

 

要するに、これは、

 

「幻想の世界に残れて、ああ、よかったあーっ。

 

 天国への帰任が延期されて、マジ助かったあ~。」

 

と思っているのである。

 

 

実相へと還るために赦しをしているにもかかわらず、

 

本当は、まだまだ幻想世界でやる気十分なのだった。

 

 

そこをちゃんと見つめ、その想いを光へと運んでゆく。

 

それでも父の元へ戻りたいんだと兄貴に助けを求める。

 

↓ 帰任に関する関連記事はこちら ↓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

なんか、香港に残ることになったからこそ、

 

自分がいかに帰りたくないか、という事を自覚できた。

 

これからも、夢の現実をこういうふうに使ってゆく。

 

そういうわけで、

 

オシャレアパート物件探しの旅は次回へと続く…。