香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

僕は今、夢を見ている

f:id:shusaku1:20190618002509j:plain

↑ この日は、直通列車で広州へ。

   久々に陳弁護士に会う。

 

20代の頃から、夜、寝ている時に見る夢の中で、

 

定期的に何度も見る夢が三つほどある。

 

 

ひとつは、実の父親を刃物で刺し殺す夢で、

 

殺した後、なぜか妹と一緒に父を洞穴に埋め、

 

その後、自分は殺人犯だ、と絶望感にさいなまれる。

 

 

もうひとつは、実家を他の家族に乗っ取られ、

 

僕たち一家丸ごと、公衆トイレ(笑)に引っ越す夢で、

 

僕の実家で楽しそうに暮らす、その家族を見ながら、

 

もう帰る家は無いんだ、と喪失感にもがき苦しむ。

 

 

そして最後が、単位が足りず大学を卒業できない夢で、

 

単位を取るため、必死で講義に出席しようとするのだが、

 

教室に辿り着けなかったり、朝寝坊をしたりして、

 

どうしても講義を受けられず、焦燥感にあたふたする。

 

 

場面や状況は毎回微妙に違うのだが、これらの夢を、

 

25、6歳頃から、年に3、4、回は見るようになった。

 

それで、一昨晩と昨晩、大学卒業できないバージョンと、

 

実家乗っ取られバージョンの夢を連続で見たのだ。

 

 

それで、はっ、とベッドの上で目覚めたとき、

 

まだ、夢の中で感じていた動揺は残っていて、

 

目覚めた自分に気づくと同時に、ああ、あれは夢だった、

 

実際は大学も卒業しているし、実家も失ってはいない、

 

という事実が蘇えり、心から安堵のため息をついたのだ。

 

f:id:shusaku1:20190618002454j:plain

↑ 夜はヒルトンホテル広州に宿泊

   近くの公園で踊っているおばさん集団

 

僕らが現実だと思っているこの世界も、

 

寝る時に見るこれらの夢と同様、本当は何も起きてなく、

 

目が覚めれば消えてゆく、ただの妄映である、と、

 

この二晩連続の悪夢から覚めたとき、心底自覚した。

 

 

この世界って、寝ている時に見る夢と全く同じじゃん。

 

肉体を持って経験する事は全て夢で、醒めれば消える。

 

なんか、第一レベルの観点から世界を赦していた。

 

 

しかし、まだまだ僕達はこの夢の世界を深く信じている。

 

夜見ている夢から醒めるのと同じように、

 

この幻想世界から目覚めようとするなら、

 

夢の中で様々な葛藤や動揺に苛まれている

 

夢の登場人物である自分とは別の、

 

いまもベッドで眠り続ける、夢を見ているおおもとの存在

 

を認識して、そこから赦す必要がある。

 

そして、本当は父も殺していなければ、家も失っていない

 

という真実を理解している部分にアクセスしてゆく。

 

 

なので、常に夢を見ている張本人の方へ戻り、

 

一つ一つの現実の出来事からくる動揺に対して、

 

これは、僕が昨夜見た悪夢と同じく存在すらしていない

 

ただの妄映なんだ、という事実を適応してゆくことで、

 

目覚めた後の世界(聖霊/実相世界)のほうへと、

 

意識を向けられるのだ。

 

f:id:shusaku1:20190618002450j:plain

↑ 夜、広州へ転職してきた台湾人の友人と夕食

 

今回の〝二夜連続の悪夢〟から学んだことは、

 

この夢の世界で何かをしたり、思ったりしている自分と、

 

その夢を目撃している自分は別物だ、ということだ。

 

だから、夢の目撃者の方へ戻って、本当に〝ここ〟は、

 

夢であり実在ではない、という自覚のもとに

 

世界を赦してゆくことが非常に大切だと実感させられた。

 

 

また、このことは、

 

夢の出来事を一旦実在させてから赦したり、

 

夢の登場人物である自分の位置で赦しがちだった

 

最近の僕に、大きな軌道修正を促してくれた。

 

 

はなから起こっていなかったが故に赦す。

 

昨夜夢に出てきた人物が、その夢の中でやったことに

 

誰も腹を立てる必要はないし、腹を立てても意味がない。

 

誰も何もしていないことを赦す。

 

ただ、夢の出来事から湧き上がってくる想いを、

 

夢であるからこそ、赦してゆく。