香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

臭いものには蓋をせず

f:id:shusaku1:20190613011010j:plain

 

今週の夢の出来事は、中国の杭州出張だった。

 

今回は、深圳(シンセン)から国内線で杭州入りした。

 

朝から大雨で、搭乗の際、航空会社から雨合羽を渡され

 

みんなキャーキャー言いながらタラップを駆け上がった。

 

搭乗は済んだが、今度は大雨で飛行機が飛ばない。

 

ネットで検索すると、深圳空港の国内線は、

 

現在、37機が離陸を待っているという。

 

前方のおっちゃんが、昼になるのにメシも出ないのか、

 

と、CAに文句を言い始めた。

 

結局、二時間経って、ようやく飛行機は飛び立った。

 

でも、僕的には快適だった。

 

東海航空という名も無い航空会社ではあったが、

 

機内はイケイケキャセイのように寒くはないし、

 

機内サービスが一切ないので、まったり爆睡できた。

 

f:id:shusaku1:20190613011017j:plain

↑ 杭州のホテル。ベッドの横に浴槽が…。

   なんだかエッチな気分。

 

で、二時間遅れで、相手先のオフィスに到着し、

 

源泉徴収税がどうのこうのという難しい話をした後、

 

みんなで夕食に出掛けた。

 

約七年ぶりの杭州だったが、高層ビルが立ち並び、

 

街は見違えるようになっていた。

 

f:id:shusaku1:20190613011028j:plain

↑ 小龍包ならぬ、大龍包。肉汁がすごい。

f:id:shusaku1:20190613011035j:plain

↑ 杭州名物 ブタの角煮


そして、中国の一般的な宴会は、乾杯乾杯の連続で、

 

四〇度の中国酒をしこたま飲まされるのが常なのだが、

 

先方は僕がワインに目がないのを知っていて、

 

ワインでもてなして下さった。

 

お蔭で、この夜はよく眠れた。

 

で、香港へ戻ると、不動産屋の友人から電話があった。

 

僕が出張中、その友人(25年来の付き合い/女性)は、

 

先週末、僕が内見した数々の物件の中で、

 

一番気に入って、借りたいと思っていたフラットの大家と、

 

家賃交渉をしてくれていた。

 

f:id:shusaku1:20190609235803j:plain

↑ 最初に見た物件。家賃は53万円。

   何ゆえに、リビングに洗面台が?

 

先方の家賃の言い値は3万香港ドル(約47万円)だが、

 

会社の予算は2万9千香港ドル(43万円)だった。 

 

結局、会社と直談判して、追加の予算をもらい、

 

2万9千5百香港ドル(45万円)で交渉成立となった。

 

で、他の客に物件を取られないうちに手付金を打つべく、

 

杭州から戻ったその足で、一旦事務所へ戻り、

 

小切手を手に、不動産屋へ向かった。

 

f:id:shusaku1:20190609235809j:plain

↑ 二軒目の物件。端に映っている短パンの大家さんは、

   150億円の資産家。

 

だが、誤解することなかれ。

 

香港で家賃45万円は〝ごくごく普通〟のレベルなのだ。

 

いいな、と思う物件はみな、50万円以上する。

 

それで今回、内装や建物よりも、広さを取ることにした。

 

f:id:shusaku1:20190609235838j:plain

↑ この物件と競馬場の物件とで迷った。

   ここから眺める夜景は最高と思われ…。

 

新しい部屋は、リビングと6畳くらいの部屋が二つ、

 

4畳ほどのウォークインクローゼットが付いている。

 

決め手となったのは、

 

窓からハッピーバレーの競馬場が一望できることと、

 

コの字型になった大きなオープンキッチンだった。

 

f:id:shusaku1:20190609235819j:plain

↑ ハッピーバレーの競馬場 

 

それにしても、

 

香港の家賃の高騰たるや、留まるところを知らない。

 

不動産屋の友人と話していて分かったのだが、

 

3畳一間のシェアハウスでも、15万円はするという。

 

f:id:shusaku1:20190609235828j:plain

 

とまあ、最近、こんな感じの夢の映像を見ているのだが、

 

黄色い雨合羽を着てタラップを上っている時も、

 

夜、みんなでワインを飲みながら食事をしている時も、

 

不動産屋さんと部屋を見て回っている時も、

 

家賃の高騰に驚いている時も、

 

心の中へ戻ることを思い出すために、

 

これらの夢の日常を使ってゆくことを意志している。

 

それには、常に兄貴を憶えていることが必須となる。

 

兄貴を思い出すことを通して心に戻ることで、

 

いま起きているように見えることが、

 

寝ている時に見る夢と同じただの夢で、

 

本当はなにも起きていないことが自覚できる。

 

f:id:shusaku1:20190609235824j:plain

 

僕の場合、完全に心に戻って、これは夢なんだ、と、

 

本当に自覚しながら赦せている時もあれば、

 

一旦、夢の出来事を実在させてから、

 

はっ、と聖霊を思い出し、それから赦すこともある。

 

でも今は、正しい赦しをしているかどうか、

 

ということは、あまり気にしないようにしている。

 

だって、そんなことをいちいち考えていても、

 

本当はどうかなんて、夢の登場人物である個の私には

 

何もわからないのだし、もし間違っていたなら、

 

兄貴がちゃんと修正してくれると思うから…。

 

 

僕にできることは、

 

聖霊兄貴を常に想い出していること、そして、

 

起きているように見える世界を、ただ赦すことだけだ。