香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

差のない夢

f:id:shusaku1:20190618002459j:plain

⇑ 旧日航ホテルで開催された地銀の交流会に参加。

   名刺交換もそこそこに、

   白ワイン⇒おでん⇒赤ワイン⇒焼き鳥

   を繰り返すボクであった。

 

ああ、怒涛の6月もやっと今日で終わりだよぉ。

 

今月は、出張と引越しの準備で、本当に忙しかった。

 

色々な国へ行き、色々な人に逢い、色々な話をした。

 

それに、引越しの準備も佳境に差し掛かっている。

 

先日も、住所変更の手続きにおおわらわだった。

 

ケータイ電話会社、香港の銀行と日本の銀行、

 

保険会社、郵便局の郵便物転送サービスの手続き、

 

など、暑い中、一日中、あちこち駆けずり回った。

 

これまでは、ケリーが全てやってくれていたのだが、

 

いまは全部自分でやる。(⇐ ちょっとドヤ顔)

 

それに、年齢を重ねると、全てのことが億劫になる。

 

 

それでも引越しには、これまでの生活をリセットしたり、

 

家に溜まったさまざまなガラクタを捨てまくったり、

 

今の自分の意識に合った部屋造りができたり、と、

 

新しい地域で、新しい暮らしを始めるワクワク感がある。

 

なので、次々に顕われては消えてゆく夢の映像を前に、

 

無意識の中へと埋没してしまうことなく、ひとつひとつ、

 

これは夢だと観止め、丁寧に赦してゆこうと思っている。

 

f:id:shusaku1:20190618002504j:plain

⇑ かつて3万人いた香港在住日本人も、

    ついに9000人になってしまった。

    原因は業務が中国へシフトしたのと家賃の高騰。 

 

で、夢を夢として赦していくことを通して見えてきたのが、

 

「世界のあらゆる問題は、どれもみな〝同じ〟である。」

 

という感覚である。

 

失業、病気、というような一見重大に見える出来事も、

 

車で横入りされた、というような些細に見える出来事も、

 

何ら相違のない、全く同じものとして感覚化されてくる。

 

その〝同一な感じ〟は、言葉ではうまく説明できない。

 

差がない、とか、差を見ない、というのでもなければ、

 

ただ在るだけ、とか、起きていないが故に同じだ、

 

というのでもない。

 

また、AであってもBであっても、どちらでもオーケー、

 

というような、選択の基準のことを言っているのでもない。

 

どんな夢を見ようが〝同じ〟としか言いようがない。

 

 

これはあくまで僕の場合であるのだが、

 

引越し準備であたふたしている時はあたふたしているし、

 

家でワイドショーを見て、あーでもない、こーでもないと、

 

ツッコミを入れつつ、くつろいでいる時はくつろいでいる。

 

だけど底辺には常に〝同じ〟という感覚が流れている。

 

 

また〝同じ〟〝序列がない〟に関して誤解しやすいのが、

 

大切な人を亡くすのと、財布を失くす事に差はないので、

 

感じ方の程度も同じである、と思ってしまう点である。

 

そうではなく、大切な人を亡くせば、死ぬほど悲しいし、

 

財布を失くせば、焦るには焦るが、警察へ届けたり、

 

カードを止めたりと、理知的な行動が取れたりする。

 

それでも、世界は存在していない、と認識しており、

 

目が覚めれば跡形もなくなってしまう世界に於いて、

 

ふたつの事柄は同じであることを了承している。

 

 

まあ、僕もプロセスの途中であり、この〝同じ〟

 

という感覚はどんどん深化してゆくと思われる。

 

 

なんか、言葉の限界が来てしまったところで、

 

もう寝ることにする。

 

おやすみなさい。