香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ハートを忘れない

f:id:shusaku1:20190624005439j:plain

 

前回の記事で、断捨離をしまくっていると書いたが、

 

だんだん捨てるモノがなくなってくると、

 

今度は、パソコンやスマホの中を断捨離しはじめた。

 

 

わけの分らない仕事関係のファイルや、

 

電話帳に登録されている見覚えのない連絡先の数々、

 

そして、二度と見ないであろう大量のメール、など、

 

もう、次々に削除しまくって行く。

 

意識が断捨離モードに入ってしまっているので、

 

必要なものまで捨てている可能性もあるが、

 

まあ、あまり気にせず、ガンガン手放す。

 

 

そんな中、パソコンのDドライブを整理していると、

 

ハレ師匠から個人授業を受けたときの動画が出てきた。

 

プロパティを見れば、2013年とある。

 

うわっ、懐かしー!

 

講義を見てみる。が、当時のことを全く覚えていない。

 

食い気味に質問をしまくるボク。自分の声も気持ち悪い。

 

恥ずかしさのあまり、思わず大声で叫びだしたくなる。

 

それでも〝ハート〟についての集中講義を見て、

 

久々にハートに深くアクセスすることができた。

 

f:id:shusaku1:20190624005444j:plain

 

判断しない=感じる=委ねる=悦=エクスタシー=ハート

 

 

判断を聖霊に委ねることがハートを感じることであり、

 

それによって癒しが起こり、真の平安(悦)が獲得される。

 

 

何かに集中している時は、ハートを忘れている。

 

考えに集中させることでハートを忘れさせようとするのが

 

エゴの策略だ。

 

 

ハートを感じるのに、思考は要らない。

 

神を判断した時点で神ではなくなる。

 

なぜなら、神は無だからである。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

心の中から夢を眺め、

 

はなから起きていないことを赦すようになってから、

 

純粋なハートそのものが意識されるようになってきた。

 

それは、カッカしたり、テンパったりすることで、

 

自我に歪められ、横領された、

 

別の感じ方になっているハートではない。

 

聖霊を想い出しているときに感じる、深い深い平安だ。

 

 

とは言っても、僕もまだまだ修行中の身なので、

 

ずっとハートの中で過ごせているわけではないけれど、

 

赦せば赦すほど、純粋なハートの力動が大きくなる。

 

 

判断せずに感じる。聖霊に委ねたところで感じる。

 

ワプニック氏の赦しを実践してはいるけれど、

 

この〝感じる〟という感覚にもっと素直になろうと思った。

 

なぜなら、赦しの先には必ず、

 

純牛なハートの歓びが待っているのだから…。

 

 

というわけで、引越しを2週間後に控えたいま、

 

表面的にも、内面的にも、断捨離敢行中のボクである。