香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

交歓

f:id:shusaku1:20190709110313j:plain

⇑ 新しいアパートの窓からの風景

 

昨日は終日お引越しだった。

 

まず、引越しが始まる時間より少し前に、

 

ヤマト運輸の日本人コーディネーターの方がいらして、

 

捨てるものと、持って行くもの、持ち運び注意のもの、

 

などを分類し、それぞれにテープを張る作業を行なった。

 

作業が済むと、新しいアパートの見取り図を見ながら、

 

家具や電器製品を、どの部屋のどこに置くかを決め、

 

今度は、小物類の収納場所を、配置図へはめこんでゆく。

 

 

確認作業が済み、コーディネーターの方が、

 

ケータイでなにやら合図をしたと同時に、

 

突然、クロネコヤマトの制服を着たお兄さんたちが、

 

ドバーッとやってきて、一斉に作業を始めた。

 

おまかせ楽々パックなので、僕は何もしなくてもいい。

 

食器も、衣服も、書籍類も、全てそのまま箱に詰め、

 

引越し先で、決められた通りにディスプレイしてくれる。

 

みんな男だし、と、パンツもお兄さんに梱包してもらった。

 

f:id:shusaku1:20190709110303j:plain

 

昼休みを挟み、

 

午後から引越し先のアパートでの荷ほどきが始まった。

 

これもまた最速で、システマチックだった。

 

何をどこへ置くかを事前に打ち合わせているので、

 

その通りに、ガンガン家具や物を並べて行ってくれる。

 

電子機器の接続や、洗濯機の配管までやってくれ、

 

二時間ほどで、そのまま生活できるようになった。

 

さっすが、プロ。ヤマトさんはすごい。

 

 

ヤマトさんと入れ替わりに、

 

香港テレコムのお兄さんがやってきて、

 

インターネットの設置工事をしてくれた。

 

日本のテレビだけでなく、香港のテレビも、

 

ネット回線で見れるようになり、感激!

 

f:id:shusaku1:20190709110254j:plain

 

このように、アパート探しから引越しまで、

 

今回は、本当に多くの人たちのお世話になった。

 

ていうか、読者の方々はもうご存知だと思うが、

 

僕は、人に頼り、助けてもらうのが大好きである。

 

よく、人に何かやってもらうと、

 

借りを作るようで嫌だ、という人や、また、

 

金を払うんだからちゃんとやれよ的な人がいるが、

 

心の中で起っているのは、そういうことではない。

 

 

誰かに何かをお願いする時、

 

自分は同時に感謝を与えているのだと思う。

 

助けて、と願い出て、

 

相手がしてくれた行為に歓びを感じ、

 

代わりに心からの感謝を返す。

 

また、その逆もしかりである。

 

結果が良くても悪くても、そんな事はどうでもよい。

 

このとき、僕たちは、ひとつの体験の中で、

 

神の気持ちを交歓し合っているのだ。

 

f:id:shusaku1:20190709110309j:plain

⇑ アパートの近くの鍵屋さんで合鍵を作ってもらう。

  一見、この道一筋の頑固おやじに見えるが、

  作ってもらった鍵は、笑っちゃうくらい全く合わず、

  (見れば、鍵の長さ自体が違ってたりした。)

  結局、別の 鍵屋さんで作り直してもらった。

 

片づけも終わり、夜、コーズウェイベイを散策してみた。

 

ここは、香港の中枢、中心部中の中心部なので、

 

(そう。デモが行われているのもこの地域。)

 

「自分は今、香港のど真ん中に住んで、るぅぅーっ!」

 

と思えば、自然とテンションも上がる。

 

以前のアパートは山の中にあったため、

 

夜、腹が減っても、我慢するしかなかったが、

 

ここだと、夜中でも気軽に買い出しに出られるうえに、

 

庶民的な店からオシャレなカフェまで何でも揃っている。

 

これはヤバい、無駄遣いするのは目に見えている。

 

 

タイムズスクエアで爆買いする大陸の人たちを横目に、

 

財布のヒモを引き締めねば…と固く誓うボクであった。