香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

小細工を一蹴せよ!

f:id:shusaku1:20190724222340j:plain

 

暑い。

 

それでも、これまで1時間半かかっていた通勤時間が、

 

引っ越してからは、40分に短縮されたので助かる。

 

アパートのすぐ下のバス停から直通バスが出ており、

 

全く汗をかかずに会社までたどり着ける。

 

特に、香港の郊外を通るため、

 

ビル群が密集する香港島とはまた違った風情があり、

 

毎日小旅行をしているようで、楽しい。

 

f:id:shusaku1:20190724222331j:plain

 

そんなわけで、一見、精緻で壮大に見えるこの世界が、

 

実は、吉本新喜劇の舞台装置並みのショぼさだった、

 

という自我の小細工に、

 

完全に気づいてしまった僕である。

 

 

向こうから息を呑むような美人の女性が歩いてくるのも、

 

木々がざわめき、顔に心地よい風が吹きつけてくるのも、

 

寸でのところで電車に乗り遅れてしまったのも、

 

お金がどんどん無くなっていくのも、

 

あの人から無視をされつづけているのも、全て、全て、

 

僕たちに解釈させるための〝トリック〟に過ぎない。

 

僕たちに解釈をさせることで、

 

神を、全く別のものとして見せようという魂胆だ。

 

美人のお姉さんも、風も、電車も、お金も、あの人も、

 

本当は、存在すらしないイリュージョンでしかない。

 

 

なので、このマトリックスのVR世界を眺めながら、

 

「怒りを誘発するようなあのやり取りもトリックかあ~。」

 

「花の周りを舞うこのミツバチも幻影かあ~。」

 

「会社で起こるこれも、全部インチキかあ~。」

 

と、自我のトリックを見破ることが、

 

自我を見つめるということとなる。

 

f:id:shusaku1:20190724222335j:plain

⇑ 右端に映る裸のおじさんがシブい。 

 

ただそれは、首から上(頭/脳/思考)でやるのではない。

 

また、テクニカル的なワークのようにやるのでもない。

 

この世界が自我のトリックだと知っているだけでは、

 

神がすでに〝ここ〟にいることに気づけない。

 

 

〝ハート〟から自我のやっていることを観ること。

 

前回の記事で書いた「それは神だ!」のところで観る。

 

そうすれば、自分がこれまで、

 

どれだけ卑劣な扱いを受けてきたかに気づくことができ、

 

もう金輪際、このような茶番劇に関わるまいと、

 

凛とした自覚を以って自我を一蹴することができる。

 

と同時に、周囲の兄弟たちが、

 

いかに惨めな状況に陥っているかも見えてくる。

 

本当はそのような存在ではないのに…。

 

神から完全に祝福されている存在なのに…。

 

f:id:shusaku1:20190724222346j:plain

 

というわけで、今は午前零時、これから、空港へ向かう。

 

深夜2時の便で大阪へ行くのだ。

 

深夜便に乗るのは何年振りだろう。

 

朝6時半に大阪に着くので、一日得した気分になる。

 

が、もう年齢が年齢なだけに、着いてからがきつい。

 

今回は、大阪の実家へは戻らず、ホテルに宿泊する。

 

8月も、大阪、上海、フィリピン、フランスのリヨン、と、

 

海外出張が続く。

 

今日コンババ部長が杭州へ同行してくれと言ってきたが

 

さすがに拒否った。

 

 

ああ、これもトリックかっ!

 

くぅーっ!