香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

全身が全霊

f:id:shusaku1:20190729230826j:plain

 

大阪からさっき戻ってきた。

 

機内で一泊したので、2泊4日であった。

 

疲れてヘロヘロになるかな、と思っていたが、

 

そうでもなかった。

 

むしろ、ハートがざわつき、あまり眠れなかった。

 

f:id:shusaku1:20190728234512j:plain

 

今回の旅では、

 

〝自分も含めて神だった〟という大きな理解に至った。

 

正確に言えば、自分は神に創造された神の子であり、

 

故に、神と全く同じ考えを共有している、という意味で、

 

神そのものだった、という体験が起こったのだ。

 

神の心、とか、神の歓び、とか、神の想い、とかではなく、

 

〝神〟そのもので存在している。

 

 

ただ、誤解を避けるために述べるならば、それは、

 

自分が神になる、神に取って代わるという意味ではなく、

 

要するに、神以外のものなど、はなから無かった、

 

ということに気づいてしまったのだ。

 

 

見るモノすべてが神で、会う人全てが神なのなら、

 

自分も神そのものの存在のはずである。

 

そうなるともう、全てが同じなのだから、

 

一つ一つを神と観る必要がなく、全一で神となる。

 

 

神は、

 

全肯定、さらけ出して恥じない、ただ歓んで愛している。

 

歓びの中で愛を知り、相手が歓ぶから自分は嬉しい。

 

自分の存在もそれと全く同じ、まさに全身全霊である。

 

 

赦しを実践している僕たちコース兄弟は、

 

神を直視しない代わりに、日々、

 

あると思い込んでいる罪悪感を直視している。

 

しかし,

 

それは神を観ないための言い訳であり、

 

その言い訳自体が無かった、

 

と気づくために行なう〝直視〟であるべきだ。

 

 

そして、僕たちの〝全身〟が〝全霊〟であった、

 

と、心底解かったとき、

 

神の愛が、兄弟たちへ延長されてゆくのだ。

 

教える必要もなければ、言葉で語る必要もない。

 

ただ、そこで歓んでいるだけで、それは起こってゆく。

 

f:id:shusaku1:20190728234255j:plain

 

話は変わって、僕の会社は本社が東京なので、

 

当然、社員さんはみんな標準語で会話をする。

 

僕も、彼らと話す時は自然と標準語になる。

 

でも、今回、大阪にいる間、ずっと大阪弁で会話していて

 

とても自然体で、リラックスして自分を表現できた。

 

 

そうだ、これからは、いつでもどこでも大阪弁で行こう。

 

僕の大阪弁は、どちらかと言えば京都寄りのため、

 

「~してはりますねん。」とか「~してはんねやんかあ。」

 

といった、はんなり言葉が多い。

 

というわけで、今後は香港で、

 

〝はんなり〟と神を延長していきますどすえ。