香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

法悦女子

f:id:shusaku1:20190805221227j:plain

⇑ 扁平桃


僕の意識に神とハートが入って以来、

 

全てが神に変わってしまった。

 

ていうか、はじめから神しかなかったことに、

 

気づいてしまった、という感じか。

 

 

解釈をしている自分自体が〝無〟なのであれば、

 

世界に対する解釈すらもないことになる。

 

要するに、ホワイトボードに書かれた落書きの奥に在る

 

神の考え(想念)そのものに気づくと、

 

神の歓びの想念の反映、として世界が知覚されてくる。

 

 

そんなことを言われると、多分、昔の僕であれば、

 

「じゃあ、仕事上の様々な問題はどう解決してゆくのか。」

 

「失業してお金に困っていたら、どう対処するのか。」

 

「レストランでメニューを選ぶときはどうするんだ?」

 

と、食い気味にまくしたてていただろう。

 

 

その考え自体が神へ戻らないための解釈だった、

 

と、いまは解かる。

 

そしてまた、その考え自体も神だったことを知っている。

 

 

なので、出張の手配、財務諸表の精査、会議、など、

 

普通に頭で考えてやるべきことはやっていても、

 

そこに自分は無く、神と同じもの、として存在している。

 

 

すると、なんだろう。

 

すでに神に戻っていた、という深い平安に包まれ、

 

何が起こっても起こらなくても、安心でいられる。

 

自我のトリックをトリックだと見破って生きている、

 

ベタな言い方をすれば、ここがお化け屋敷と知った上で、

 

お化け屋敷を楽しんでいる。

 

f:id:shusaku1:20190710235833j:plain

⇑ 塩漬けレモン。スプライトに入れて飲むと、

   甘酸っぱくて何と見えない味になる。
 

そんな感じで、大阪の実家にいる。

 

金曜日に大阪の得意先で会議があり、

 

そのまま、日曜日まで日本で過ごすことにしたのだ。

 

 

会議の間も、ハートのエクスタシー寸止め状態だった。

 

全開にしてしまうと、ヤバいことになるので、

 

「ああ、もう辛抱たまらん~。」と心の中で喘ぎながらも、

 

なんとか堪えた。

 

それでもみんなが〝愛してるよーっ〟と言っていて、

 

それに呼応するように喜悦が溢れだしてくる。

 

もう〝濡れ濡れ状態〟である。(爆)

 

f:id:shusaku1:20190811021622j:plain

 

で、今日土曜日は、僕と同じようにハートを感じていて、

 

神の愛に至ったコース兄弟とランチ&お茶をした。

 

彼女はこの感覚を〝法悦〟と呼んでいて、

 

男性の僕よりダイレクトにハートを感じまくるため、

 

電車の中でも 「ああっ、うう~ん。いやーん。」と、

 

身悶えしてしまう、というのだ。(⇚み、見てみたい)

 

そして、強烈な神のエクスタシーの中に在って、

 

彼女はここ三カ月、ほとんど寝ていないらしい。

 

 

そんな、ハート談義の中で二人が持った結論は、

 

ハートのエクスタシーって、性的エクスタシーそのものだ、

 

というものだった。

 

ただ、性的対象が、特定の誰々さんではなく、

 

全一なる神なので、神に法悦を感じてしまうと、

 

もう何を見ても、

 

そこに延々神のエクスタシーを感じて過ごすこととなる。

 

 

「神に真からの感謝を捧げると、

 

 神はその何万倍もの愛を返してきて、

 

 すごいことになるから、今晩やってみい。」

 

と、彼女に言われたが、まだ実行はしていない。

 

f:id:shusaku1:20190720004003j:plain

 

というわけで、

 

日曜に香港へ戻り、月曜から上海出張である。

 

それでも、9月下旬に二週間の一時帰国休暇を取るので

 

一生懸命、お仕事頑張る!!

 

 

でも、会社という実践の場があって本当に良かったよ。

 

もし、一日中コースだけをやっている身分だったら、

 

家では神を感じられるけど、一歩外へ出た途端、

 

ほんの小さな現実世界の出来事にふれただけで、

 

攻撃されたように感じてしまい、

 

すぐ、神なんかすっ飛んでしまう、と思うから…。

 

なので僕の経験上、

 

実践は〝娑婆〟でやるべきだ、と思うのである。

 

そうでないと、家の中では神だ、神だ、と言っていても、

 

ちょっと買い物にでも出て、

 

店の店員から不当な扱いでも受けようものなら、

 

心の中は即行、怒りと罪悪感で一杯になり、

 

そこから5日くらい抜け出せなくなったりする。

 

 

また、これはコースを教える立場の人に多いのだが、

 

コースコミュニティの中だけで過ごすのも要注意だ。

 

他に投影先がないと、

 

コース兄弟に自我を投影してしまうため、

 

それは違うんですよ、と、

 

〝導く〟という体裁で、兄弟を責めたりする。

 

 

そういう意味で、普段から〝シャバ〟で接する、

 

コースもスピも、何もしていない普通の兄弟は、

 

僕にとって、とてもありがたい存在となっている。