香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

夏休み香港催涙弾体験ツアー

f:id:shusaku1:20190813012930j:plain

⇑ ツアー無料オプション。

 新体験!昼間の地下鉄で催涙弾1800発!

 

昨日、日曜日に大阪から香港へ戻ってきた。

 

お盆休みが始まったばかりの関西国際空港は、

 

海外脱出組の人たちでごった返していた。

 

しかし、バンコクや台北、ホノルル便は長蛇の列なのに、

 

ソウルと香港便のカウンターはガッラガラだった。(笑)

 

空港の土産物屋で、一蘭のラーメン五食セットを買う。

 

チャーシューや中国野菜などをトッピングしつつ、

 

しばらくは、ラーメン三昧を楽しむつもり。

 

f:id:shusaku1:20190813012924j:plain

⇑今日のデモを終え、家路に着こうとした人々を、

  地下鉄入り口で待ち伏せしていた警察特殊部隊が暴打。 

 

そして、今日月曜日は上海出張の日だったのだが、

 

空港が使用不能となり、中止となった。

 

 

この日は、会計事務所での打ち合わせを終えたあと、

 

タクシーに乗り、空港へと向かっていたら、

 

空港の抗議デモが激しくなったため、

 

本日のフライトはキャンセルになりました、という、

 

航空会社からのショートメッセージを受け取った。

 

それでも、カウンターで便の変更をしておこうと、

 

そのまま空港へ行こうとしたら、

 

運転手が急にビビりはじめ、仕方なく、

 

空港のひとつ前の駅でタクシーを降りた。

 

    

f:id:shusaku1:20190813013101j:plain

⇑ もう捕まえたんだから止めてくれ、と言っても、

   警察は叩き続ける。 

 

駅は、空港行きの列車を待つ、

 

黒い服の若者たちでごった返していた。

 

皆、どことなく殺気立っている。

 

こりゃダメだ、と観念した僕は、上海行きを中止し、

 

とりあえず香港島へ引き返すことにした。

 

なかなか来ない列車を乗り継ぎ、乗り継ぎ、

 

家に帰宅したときには、夜の8時になっていた。

 

 

空港での抗議デモの数が一気に増えた原因は、

 

警察隊による強制排除が過激さを増したことに対する

 

市民の反発と怒りにある。

 

 

凹凸のある警棒で血みどろになるまで殴りつける、

 

一般客のいる地下鉄構内で催涙弾を撃ちまくる、

 

そしてとうとう、デモに参加していた女性が、

 

至近距離からゴム弾を撃たれ、

 

片目を失明するという事件が起きた。

 

この事件をきっかけに市民の反発が拡大し、

 

今日の空港でのデモに至った。

 

というのも、外国人旅行客の往来が多い空港だと、

 

警察も容易に催涙弾などの武器を使えないのだ。

 

 

僕も、昨日、家の前で、

 

デモ隊を鎮圧する武装警察部隊を目の当たりにしたが、

 

どう見てもやり過ぎである。

 

顔中血だらけになっているのにまだ叩いている。

 

デモ隊ではない一般市民にも催涙弾を向けている。

 

いくらなんでも、そこまですることないじゃん!

 

本来は市民を守るためにある警察官なのに、

 

何でこんなにも市民を痛めつけるのか。

 

  f:id:shusaku1:20190813015630j:plain

⇑ 月蛾(げつが)

 

香港のトップである行政長官の月蛾(げつが)は、

 

ここまでの事態になっているのに、なーんにもしない。

 

ただ武力で排除するのみで、ほとんど表に出てこない。

 

多分、中国共産党からの圧力で、

 

チベットに対して行なっているような、

 

武力制圧以外の方法しか許されていないのだろう。

 

もし、香港市民の話に耳を傾け、理解を示そうものなら、

 

彼女は多分、

 

突然の心臓発作か何かで死ぬことになるだろう。(笑)

 

 

でも、抗議活動のやり方が正しいか否かは別として、

 

香港の若者たちが、香港の自由を、

 

自分たちの手で護ろうとする姿には賛同したい。

 

なぜなら、これまでの香港人は、何か事が起こると、

 

別のどこかへ逃げることばかり考えていたから…。

 

 

というわけで、幻想香港第二弾、でした。