香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛をください

f:id:shusaku1:20190815022330j:plain

⇑ ほとんどのデモ参加者は普通の香港市民である


空港でのデモは続いている。

 

地元メディアは、火炎瓶を投げるデモ隊員のシーンや、

 

負傷した警官のニュースばかりを報道し、

 

プラカードを掲げて静かに座っている人たちの主張や、

 

武装警官たちに暴力を振るわれている市民の姿は、

 

ほとんど流さない。

 

例の片目を失明した女性は、

 

負傷した人を助けようとして駆け寄ったところを、

 

近くにいた武装警官にゴム弾で撃たれたのだとか。

 

f:id:shusaku1:20190815022317j:plain

f:id:shusaku1:20190815022312j:plain

 

今日の記者会見で、香港行政長官の月蛾(げつが)は、

 

ある記者から、

 

あなたには条例を撤回するだけの権限があるのか、

 

本当は北京政府が全てを決めていて、

 

あなたは何もできないのではないか、と詰め寄られ、

 

しどろもどろになっていた。

 

f:id:shusaku1:20190815022325j:plain

⇑ このだらしない感じ。明らかに香港の警察官ではない

 

市民を過剰に痛めつける武装警官たちも、

 

服装、顔だち、立ち居振る舞いなど、

 

どう見ても香港の警察官でなはい。

 

だぼだぼの制服に、中国北方特有の顔立ち、何より、

 

香港人の警官は、女性に暴力など振るわない。

 

f:id:shusaku1:20190815022347j:plain

⇑ 絶対に香港警察の人じゃない。でも拳銃持ってる 

 

と、ここまで来て、解釈をしている意識の動きに気づく。

 

ハート(神の想念)を思い出す。

 

すると、デモに参加している人たちも、武装警察官も、

 

月蛾(げつが)も、中国政府も、香港市民も、習近平も、

 

みんな〝愛〟そのもの〝神〟そのものへと反転する。

 

その瞬間、

 

到着ロビーの硬い大理石の床の上で眠っている人達や、

 

恐怖を隠して、記者の質問に答える月蛾(げつが)や、

 

催涙弾を撃ちこむ〝なりすまし警官〟たちや、

 

血を流して傷ついている市民の人々が、

 

皆一様に「助けて!」と訴えているように見え、

 

切なさで胸がしめつけられると同時に、涙が溢れ出した。

 

そして、

 

このとき初めて僕は、愛を求める懇請、の意味を知った。

 

どんな立場の人も、皆一様に〝助けて〟と言っている。

 

それでも、僕にできることは、彼らの本聖を観ること、

 

すなわち、神を観ることだけである。

 

彼らは僕に神を思い出させる、

 

ていうより、神(愛)そのものなのだ。

 

f:id:shusaku1:20190815023155j:plain

⇑ 月蛾(げつが)登場!
 

 というわけで、デモの影響で、

 

週前半に予定していた上海出張がなくなり、

 

事務所でのデスクワークがはかどった。

 

それで、溜まっている代休を使い、

 

今日から日曜まで休暇を取ることにした。

 

休暇前半は、トレーナーと筋トレをしたり、

 

マッサージに行ったりして過ごすつもりだが、

 

後半は、食料とワインをどっさり買い込み、

 

久々に部屋でお籠り三昧を予定している。

 

また、申請していた一時帰国の稟議が通ったので、

 

いろいろと計画を立てるつもりである。

 

今回の一時帰国休暇は13日間で、

 

9月後半を予定している。

 

どこか知らない街でも旅してみようかな。