香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神の眼差し

f:id:shusaku1:20190805221244j:plain

 

また最近、兄弟からガン見されることが多くなってきた。

 

通りを歩いている時や、バスを待っている時、または、

 

スーパーで買物をしている時など、通りすがりの人々が、

 

ぱっ、と驚いたような表情で、こちらを一瞥してくる。

 

今日もジムでバランスボールを使って腹筋をしていると、

 

僕が身体を起こして立ち上がった瞬間、

 

周囲でトレーニングをしていた人たちが、

 

一斉に僕を凝視してきたので、ビビった。

 

 

最初、自分の顔に何か付いているのか、とか、

 

服装がおかしいのか、とか、ヘンな匂いがしているのかも

 

と、念入りにチェックをしてみたが、

 

別段、異常は見受けられなかった。

 

その証拠に、知り合いや友人は、普通に接してくれる。

 

ひょっとして、自分がイケメン過ぎるのがいけないのか、

 

とも思ったが、もしそうなのであれば、もっと若い頃から、

 

毎日ガン見されまくっていたはずである。

 

 

で、今日気づいた。

 

彼らは僕の背後に神の気配を感じているのだ、と…。

 

一瞬、ただならぬ気配を感じて僕を注視するけれど、

 

その正体が何かは理解できないまま、通り過ぎてゆく。

 

⇓ ガン見についての関連記事はこちら ⇓ 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

そして、僕もまた、

 

兄弟からガン見されている、と思っているが、

 

本当は、神にガン見されていたのだった。

 

自分はずっと神と一緒にいて、

 

天国から一瞬たりとも離れたことはなかったことを、

 

兄弟の眼差しを通じて認識している。

 

僕が兄弟たちに神の反映を見るように、きっと彼らも、

 

僕の中に神の反映を垣間見ているのだろう。

 

 

神の教師は、ここにいて、ただ歓んでいるだけで、

 

神の愛を延長させていることを、兄弟の眼差しを通じて

 

学んだのであった。

 

f:id:shusaku1:20190805221237j:plain

 

連休一日目の今日は、午後からジムで自主トレをし、

 

その後、マッサージと脚の裏の角質落としに行ってから、

 

家で、いつ完成するか分らない小説を書いて過ごした。

 

あ、それから、ふと思い立ち『神の使者』も再読中だ。

 

 

と、こんな風に僕の夏休みは過ぎてゆく。

 

意識が解体されてゆく夏休み。

 

本当に無いと分かって過ごす夏。