香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神の気配

f:id:shusaku1:20190821002606j:plain

 

そんなこんなで、もう、大好きが止まらない。

 

何から何まで、全身で両想いの感覚…。

 

文章だと本当にうまく表現できない。

 

どうしてこうなっちゃったのか、

 

読者の皆様を招集して、ワイングラス片手に、

 

滔々と5時間くらい語りたい気分である。

 

 

そこへ至るまでのあれこれを全部はしょって言うならば、

 

自分を自分だと感じている、その存在感は、

 

実は、神の存在感だった、という話である。

 

自分がここにいる感じとは、実は神がいる感じであり、

 

故に、わたしだと感じていたものは神の気配だった。

 

実際には神しか感じてこなかったのに、

 

そこへ〝わたし〟という解釈を被せることで、

 

神を神として感じなくてよいようにしてきた。

 

 

自分が存在していると思っていたのが神であるならば、

 

神と、神の子である自分は同一のものであり、

 

よって、神と自分の間に境界線などなく、

 

父が待つ故郷へ永遠に戻るもなにも、僕たちは、

 

一度も父から離れてなどいなかったのである。

 

 

神を自分だと思いたい、というたった一つの解釈によって

 

自分が見たいものだけを見る世界を作ってしまった。

 

神はずっと気づいてくれることを待っていた。

 

これが神の臨在の意味である。

 

神の歓びの〝感じ〟は決して言葉では表せないのだが、

 

神の声はいつだって 「愛してる!本当に大好き!」

 

ただそれだけだ。

 

なので、自分に向かって、心の底から大声で、

 

「愛してる!本当に大好き!」と言えることは、

 

神を受け容れていることになる。

 

f:id:shusaku1:20190821002556p:plain

⇑ 日曜の昼過ぎ、香港警察から、

  「本日午後、ヴィクトリア公園周辺で大規模な、

  デモが行われる模様。各メディアの最新情報に

  留意してください」というSMSが入った。
 

 

日曜日、香港では170万人規模のデモが行われた。

 

その日の午後、セントラルでトレーナーと筋トレをして、

 

近くのPORKERというとんかつ屋さんで昼食を取った後、

 

僕の家があるコーズウェイベイまで地下鉄で戻ると、

 

地下通路がデモに参加する人たちでごった返していた。

 

後にも引けず、前へも進めず、進退極まるとはこの事で、

 

全くもって、一向に家へ辿り着けない。

 

やっとの思いで地上に出ると、大雨が降っていた。

 

結局、この日は、駅から1時間ほどかけて家に着いた。

 

f:id:shusaku1:20190817014051j:plain

⇑ 夜、家で葡萄をつまみながら白ワイン。

 

だが、デモ隊の人達に揉まれながら家へ着くまでの間、

 

僕は神の存在感そのものになっていた。

 

自分という存在自体が神だったことを思い出すたび、

 

形容しがたい悦びが溢れ出してくる。

 

まさに、神に囲まれているのだ、と思った。

 

 

デモをしている兄弟たちが神に見えるのではなく、

 

映像とは関係なしに、全一として神の中に溶けている。

 

なんていうか、起こってなかった、から、本当に無い、

 

に移行してしまっている。

 

 

〝無い〟が故に、赦すものも無かった。

 

現実が消えてゆく。