香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

大好きが止まらない

f:id:shusaku1:20190823005858j:plain

 

これまでは、友人、通りすがりの人、リンゴ、音楽、など、

 

見たり聞いたりするものの奥に神の反映を感じて、

 

〝ヒンヒン〟と天城越えしていたのだが、

 

ここへ来て、見たり聞いたりするものを通してではなく、

 

ダイレクトに全一の神の世界を現実だと認識しながら、

 

この幻想世界に存在しつつある。

 

そうすると、この世界や、肉体の自分は〝無〟だ、

 

と完全に分かるので、幻想をリアルにしなくなる。

 

もう、神の反映として兄弟や世界を見るのではなく、

 

神そのものの存在感の自分が夢を見ている。

 

f:id:shusaku1:20190728234407j:plain

 

それでも、日常生活ではまだ、あの人がどうしたこうした、

 

と、解釈する〝自分〟は残っている。

 

神に触れ、神の存在感そのものでいるのに、

 

なんで解釈が起こるのだろう、と疑問に思ったが、

 

その自分すらも夢で〝無〟だった。

 

 

そこで、ひとつ分かったことがある。

 

それは、この世界は幻想で、無で、起こってもなかった、

 

と、真の理解が起こるには、先ず先に、

 

幻想ではない世界、つまり神の世界に触れる必要がある、

 

ということだ。

 

世界は無かった、が先なのではなく、

 

神は在った、が先手なのだ。

 

なぜなら、

 

幻想に代わる世界(神)が見えていないのに、

 

いくら、世界は無い、幻想だ、それは起こってない、

 

とやっても、本当に世界は無かったんだあーっ、

 

という〝体験と理解〟が起こっていないので、

 

恐怖で苦しくなってくるのだ。

 

 

しかしながら、もし、世界は無だ、と、

 

完全に100%認識しながら存在するようになれば、

 

身体は数年しか維持できなくなるらしい。

 

 

あっ、そう言えば、

 

ハレ師匠の肉体の〝スカスカ感〟もハンパなかった。

 

ということは…、ええっ…?

 

f:id:shusaku1:20190823005850j:plain

 

という感じで、毎度おなじみフィリピンにいる。

 

今回は、財務の女の子たちが、

 

僕を韓国焼肉ランチに招待してくれた。

 

 

フィリピンの事務職員の給料は大体3万円くらいなので、

 

チョコレートやクッキーなどのありふれた手土産より、

 

若い女の子が欲しがるような化粧品の方が良いと思い、

 

毎回、マツモトキヨシのようなドラッグストアで、

 

コラーゲンパックや、シミ取りクリームや、美白乳液など、

 

いろいろ買って彼女たちに渡しているのだが、

 

今回の焼肉ランチは、そのお礼なのだという。

 

 

ああ、 楽しかった!