香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

みんな終了する

f:id:shusaku1:20190823222910j:plain

⇑ いつもこの店で夕飯のチャーシューを買う。 

 

今朝、歯を磨きながら、鏡を見て思った。

 

「なんか最近、若返って来てるかも。」 と…。

 

 

僕はあと、ほんの数年で〝定年〟を迎えるのだが、

 

数年前より、確実に皺と脂肪が減少している。

 

これは、自慢でも何でもなく、ただ素朴にそう思える。

 

 

その程度たるや、

 

筋トレしてるから、とか、食べ物に気をつけているから、

 

といった域を、はるかに超えているような気がする。。

 

 

そんな僕に拍車をかけるように、トレーナー氏から、

 

「星谷さんの年齢で、110キロのバーベルを、

 

   10回挙げるなんて、ボディビルダーでも大変ですよ」

 

と、感心されたり、

 

ヘアカットをお願いしているデザイナー氏からも、

 

「最近、何か、特別なヘアケアとかされてます?

 

   白髪がなくなってるし、髪の毛の量も増えてますよ」

 

と、驚かれたり…。 そして、トドメは、

 

3年ぶりに会った台湾人の友人から言われた、

 

「なんだその若さは。お前は妖怪かっ!」の一言だった。

 

 

何かのサプリを飲んでいるわけでもなく、

 

これといったスキンケアもしていない。

 

 

全身がハートそのものになると肉体を維持できなくなる、

 

と、前回の記事でも書いたが、

 

バリバリ維持しまくっている僕って、一体どういうこと?

 

f:id:shusaku1:20190805221233j:plain

 

でも、この年齢になると思うのだ。

 

やっぱりこの世界、年とって終わるんじゃん、って…。

 

僕がいくら若返っても20歳にはならないし(なるかも…)、

 

どんな栄光栄華に包まれた人生を送っても、

 

やっぱり最後は、シワシワの身体を脱いで無と帰する。

 

そしてまた、生まれ変わっては、年をとって終了し、

 

再度生まれ変わっては、年をとって終了、と、

 

このループを延々、リピート、リピート、するだけである。

 

 

こう考えてみると、僕たちの苦しみの元凶は、

 

自分はまだまだ死なない、という根拠のない信念にある

 

と言える。

 

 

だって、自分が、どんなにビンボーでも、

 

どんなに愛憎相まみえていようとも、

 

明日をも知れぬ病に侵されていようとも、

 

また、どんなに幸せの絶頂にいようとも、

 

そんな事とは全く関係なく、必ず終了するではないか。

 

 

こんなものに普遍の意味を見い出して苦しむ価値など

 

果たしてあるのか、

 

答えは、スピなどやるまでもなく明白である。

 

f:id:shusaku1:20190811021630j:plain

 

しかし、最大のホラーは、周囲の人たちが全員、

 

何かに憑りつかれたように、神を無視して、

 

日々の生活だけに没頭していることである。

 

神や幻想世界がどうのこうの、などと言おうものなら、

 

あの人はヘンな宗教に洗脳されている、と、

 

言わんばかりの勢いで変人扱いされるのがオチである。

 

 

自分が本当は何者であるのかもわからずに、

 

どうして、日々の生活を頑張れるのだろう。

 

自分が身体を脱いだ後どうなるのかもわからないのに、

 

なんで、結婚だ、子供だ、孫だ、と言えるのだろう。

 

遅かれ早かれ終了してしまうのに、何ゆえに、

 

アイツは中国人だ、貧乏だ、ブサイクだ、と言えるのか。

 

 

何が言いたいのかというと、

 

この世界はおかしい、ということである。

 

疑うことから、この世界のウソに気づいてゆく。

 

頭ではなく、真にこんなのヘンだと理解してゆくのだ。

 

そうすることで、

 

現実で何が起こっても笑っていられると思うから…。