香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

さよなら、ふぁちゃん!

f:id:shusaku1:20190827011434j:plain

 

以前に比べ、近頃の僕は、

 

自分でも驚くほど、人の批判をしなくなってきている。

 

人が言ったりやったりする事柄について批判をしない、

 

というよりも、全体が神となって観えた途端、

 

批判することすら忘れてしまう。

 

 

おい、それは違うだろう、とか、こいつムカつく、とか、

 

奴はいつもああだ、とか、この人嫌い、とか、許せない、

 

といった批判の想念が〝ふっ〟と上ってきたとしても、

 

圧倒的な〝大好き〟に、即行凌駕されてしまう。

 

 

そういう風な見え方の根底にあるのは、

 

世界は〝本当に〟無かった、という堅固な自覚である。

 

〝神の感じ〟〝実相世界の感じ〟の存在感でいると、

 

そっちの方がリアルな実在となり、それに呼応するように

 

この夢の世界に対する強烈な〝何にも起こってない感〟

 

が込み上げてくる。

 

 

こうして、夢の世界の登場人物への批判が消滅すると、

 

これはまた不思議なことなのだが、周囲の人たちが、

 

やたら優しくなり、穏やかになる。または、消える。(笑)

 

もう、気持ち悪いくらい、相手がガラッと変わる。

 

コースは現実を変えることが目的ではないんですよ、

 

と言ったって、結果的にそうなるのだから仕方がない。

 

逆にそうなっていなければおかしい、とさえ思える。

 

 

人を批判していた頃の自分を思い返してみると、

 

ある人を批判することで、自分が正しい、と、

 

いい気分になってしばらくすると、なぜかわからないが、

 

スマホが壊れたり、誰かから小さな攻撃を受けたり、

 

大事なものを置き忘れたり、といった微妙なやり方で、

 

自分をイラつかせるような出来事が起こっていた。

 

なので、人に対する心の呟き(批判)を、

 

意識的に止めてみるだけでも、人生は好転するのかも。

 

f:id:shusaku1:20190827011438j:plain

 

というわけで、今日は一日、中国の広州へ出張だった。

 

今回は、ソフィテル広州に前泊した。

 

本来は、広州在住の台湾人の友人と、

 

晩メシを食べる約束をしていたのだが、

 

台風の影響で、信じられないくらいの大雨が降り、

 

約束はキャンセルとなってしまった。 

 

結局、その夜はホテルから一歩も出れず、

 

仕方ないので、創作をして過ごした。

 

 

あくる日は、佛山工場の口座解約手続きのため、

 

前社長と、弁護士さんと、ふぁちゃんとで、

 

東京三菱銀行UFJ広州支店へ行ってきた。

 

僕もふぁちゃんも、これまで手伝ってきた、

 

佛山工場や上海事務所の残務整理を,

 

8月一杯で完全に弁護士へ引き継ぐため、

 

銀行に寄った後、その引継ぎもした。

 

これでもう、旧会社の業務は完全に無くなる。

 

 

またふぁちゃんも、今週いっぱいで正式に離職する。

 

彼女は佛山工場を後にする最後のひとりとなった。 

 

定年である50歳をとうに過ぎているのに、

 

僕が無理を言って今日まで引き留めていたのだ。

 

今後は故郷の海南島でのんびり暮らすのだという。

 

長い間、僕の仕事を手伝ってくれて本当に感謝だよ。

 

『神の使者』を読んだ後、彼女が僕の所へ来て、

 

「お給料が安いけど赦します。」と言われたのも、

 

今ではよい思い出である。

 

ゲイリー三部作を読破したことを忘れずに元気で暮らせ!

 

じゃあね、バイバイ、ふぁちゃん!

 

⇓ ふぁちゃんとの思い出の数々はこちら ⇓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 blog.hoshitani-shusaku.com