香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ハートで赦す

f:id:shusaku1:20190827011428j:plain

 

最近はやたら、神だ、ハートだ、と騒々しい僕であるが、

 

もちろん、赦しだってやっている。(⇚ ドヤ顔)

 

 

今の僕は、主に4ステップで赦しを実践している。

 

例えば、

 

「なんじゃコイツ」とか、「この仕事イヤだな」とか、

 

「あーあ、やっちゃった」といった不快感が出てきたとき、

 

① 自分が今〝やっちゃってる〟ことに、ハッ、と気づく。

 

② その不快感(罪悪感/恐怖)を、ハッ、と直視する。

 

③ ハッ、と神を想い出す。

 

④ ハーッ、とハートが上ってきて、兄弟が愛そのもの、

     神そのものだったことを確認して、フィニッシュ。

 

 

とまあ、文字にするとこんな感じか。

 

 

この〝ハッ〟が非常に大切で、決してダラダラやらない。

 

特に罪悪感を直視する時は、

 

罪悪それ自体を見つめるのではなく、

 

必ずその裏に隠れている〝神の愛の感覚〟

 

認識するようにしている。

 

でないと、元来父に出会うための行為である赦しが、

 

まるでスポ根ドラマのような苦行になってしまう。

 

「天国めざして、どんなに苦しくったって負けないわっ!」

 

みたいな…。

 

 

また、最後のステップについては、僕の場合、

 

第三ステップで神を思い出すことができていれば、

 

何もしなくても、自動的にハートが上がってくるので、

 

何だか有り難いような、愛おしいような感覚が、

 

兄弟に対して湧き起こってきていたら完了とする。

 

 

そして何より、

 

赦しの実践で大きな役割を担っているのが聖霊であるが

 

僕はどちらかというと、

 

聖霊と〝一緒に〟自我を見てゆく、というより、

 

聖霊として観る、聖霊それ自身となって観る、

 

という感覚である。

 

なぜなら、聖霊と一緒に、といえば、

 

聖霊という分離した〝誰か〟が、

 

別にいるような感じになってしまうので、

 

聖霊の存在感で観るようにしている。

 

 

まあ、これは、あくまで僕の赦し方なので、

 

他の人にとってこの方法が〝正しい〟のかどうかは

 

分からない。

 

いずれにせよ、赦した後には深い〝平安〟が来る。

 

f:id:shusaku1:20190827011420j:plain

 

とまあ、こんなそんなで、香港のデモは続いている。

 

先週土曜日は、

 

地下鉄荃灣綫(東京の日比谷線に相当)が不通となり、

 

日曜は観塘線(東京の中央線に相当)が不通となった。

 

これは決してデモ隊の人が何かをしているからではなく、

 

あまりにデモに参加する人たちが多すぎるため、

 

地下鉄のホームに人が溢れ、危険と判断されたためだ。

 

なので当分、週末は家でまったり過ごすことにする。