香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

さよなら、上海!

f:id:shusaku1:20190831101123j:plain

⇑ 上海出張最終日は、足つぼマッサージと、
   足の裏の角質取り、の同時進行でシメる。

 

このブログでは、料理や景色よりも、できるだけ、

 

人物が映った写真を多く掲載するよう心掛けている。

 

写真に出てくる兄弟たちの表情や立ち居振る舞いから、

 

その瞬間のハートを感じ取ることができると思うからだ。

 

 

なので僕は、兄弟達の顔にモザイクをかけない。

 

人の顔を塗り潰す行為ほど無礼なものはないと思うし、

 

目の部分を横に黒く塗るのも、犯罪者みたいで嫌だ。

 

だから〝人の顔を潰す〟くらいなら、初めから載せない。

 

 

街で偶然映り込んだ見知らぬ人々の写真など、

 

99.9%僕のブログを見ないと確信できる人々については

 

独断と偏見で勝手に掲載させていただいている。

 

また、ごく近しい人に関しては許可を得て掲載している。

 

f:id:shusaku1:20190831101126j:plain

 

というわけで、今日、上海出張から戻ってきた。

 

先日の香港空港閉鎖で延期されていた上海出張に、

 

やっと今回行けることになったのだ。

 

というのも、

 

僕は8月いっぱいで中国関連の業務から離れるため、

 

今後僕の業務を引き継ぐ弁護士と、旧会社の社長とで、

 

必ず8月中に、上海の会計事務所や銀行へ赴き、

 

各種変更手続きを行なう必要があったのだ。

 

 

前の会社は、二代目ボンボン社長が引きついで以降、

 

去年九月に業務停止となり、僕をはじめ全社員が、

 

10月から、常務の立ち上げた新会社へと移った。

 

それで僕は、新会社で仕事をする傍ら、

 

旧会社の残務整理を手伝ってきたのだったが、

 

今の会社の業務が忙しくなってきたので、今回、

 

その業務を陳弁護士の事務所に任せることにしたのだ。

 

 

午前に会計事務所を二軒回り、

 

午後から工商銀行でサイン権抹消の手続きを行なった。

 

 

これでもう、当分上海へ来ることもないだろう。

 

思えば、上海事務所の〝松居一代事件〟や、

 

財布紛失事件、恐怖の極道税務局員事件、など、

 

赦しどころ満載な僕の上海出張ではあったが、

 

素敵なホテルや、レトロな街並みの中で、

 

たくさんの赦しや癒しを得たのも事実だ。

 

 

そんな、

 

僕の心の中を存分に見せてくれた上海兄弟たちも、

 

その時代時代でできる、精一杯の赦しを実践するうち、

 

ひとり、またひとり、と、消えて行ってしまった。

 

⇓ 香港がまだ元気一杯だった2013年のクリスマス 

   キャセイのCAさんたちのパフォーマンス

   これを見るとなぜか優しい気持ちになる。

www.youtube.com

  

上海から戻ると、僕の家がある維園の辺りは、

 

火炎瓶と催涙弾が飛び交い、大変な騒ぎになっていた。

 

民主活動家で、流ちょうな日本語でお馴染みの、

 

アグネス・チョウさんも逮捕起訴されてしまったし、

 

これから香港はどうなってしまうのだろう。

 

明日は、トレーナーとのセッションが入っているが、

 

家から出ない方が賢明かな…。

 

⇓ 上海のオシャレホテルの記事はこちら ⇓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com