香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

夢の外で暮らす

f:id:shusaku1:20190902014923j:plain

 

土曜日から日曜にかけ、12時間くらい眠った。

 

眠っているとき、へんてこりんな夢をいくつも見た。

 

 

なぜか僕は、政府のお金一億円を不正に横領し、

 

白いキャリーバックに詰めて隠し持っている。

 

警察はこの一億円を巡って大捜索を行なっているが、

 

それでも、僕には絶対バレないという自信があった。

 

そんな折、僕の友人がトランクの中身を見てしまい、

 

どうするつもりだ、と騒ぎ出す。

 

「ああ、どうしよう。たとえ、友人に口封じをしたとしても、

 

 恐怖と焦燥の中で、一生を送ることになるだろう。

 

 もう二度と、心底幸せを感じることはないのだ。」

 

と、絶望に苛まれているとき、はっ、と目が覚めた。

 

 

「ああ、夢だったあ。起こってなかった。助かったぁー!」

 

と、ほっと胸をなでおろす。

 

 

この瞬間、思った。

 

夢の中の自分は、本当に自分が横領したと信じており、

 

もう自分は神からも見放された、と心から落胆していた。

 

でも、それが夢だと知った途端、

 

本当の自分のアイデンティティが回復し、

 

すっ、と心の平安が戻ってきた。

 

 

どういうことかというと、

 

この世界は寝ている時に見る夢と同じく、全くの幻想で、

 

本当は何も起こってない、という真の自覚が起こるには、

 

まず、夢の外へ出ている必要がある、ということである。

 

そうすることで、

 

ここが夢だ、本当に無かった、と真に自覚しながら、

 

この夢の世界を生きることができる。

 

 

それには、いま自分が存在しているこの夢の世界よりも、

 

もっとよい世界があると〝はっきり〟自覚していること、

 

つまり、実相世界(神、ハート)に触れていることが、

 

大切となってくる。

 

f:id:shusaku1:20190618002444j:plain

 

僕の場合、

 

この人が本当に大好き!このケーキおいしいーっ!

 

この曲を聞くととっても幸せな気分になる、というような、

 

小さな歓びから、全体のひとつの歓びへと入ってゆく。

 

 

通りすがりの人の小さな親切に対する感謝の気持ち、

 

ありがとう、とお礼を言われた時の小さな感動、

 

そして、友人が放ったちょっとした冗談に、

 

大声で笑った時の愉快な気持ち、

 

そんな小さな歓びの根底に流れる、

 

不変の〝悦〟(エクスタシー)を、

 

何の解釈も挟まず、ただ〝神の感じ〟として味わうのだ。

 

それが、ハートであり、神の国を流れる空気である。

 

そうやって、

 

神の反映である〝歓びの想い〟に触れることで、

 

ここが夢で本当ではないと真の自覚を持つことができる。

 

 

要するに、僕たちがコースの理論を学んでいるのは、

 

神のもとへ到達する手段を学んでいるのではなく、

 

ハートを感じ、神に触れるきっかけを学んでいるのだ。

 

 

なぜなら、神はもうここに在り、僕たちはただ、

 

夢から覚めていることに気づくだけなのだから…。