香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

オレがオレが詐欺

f:id:shusaku1:20190903232220j:plain

 

今どきのオレオレ詐欺というのは、

 

かなり手口が巧妙になりつつあると聞くが、その理由は、

 

被害者の方も、これまでのように、そうやすやすとは

 

騙されなくなってきている、ということなのだろう。

 

しかし、いまだ、

 

99.99%のよい子たちがひっ掛かっている詐欺がある。

 

〝オレがオレが詐欺〟である。

 

 

「オレが、オレが…。

 

 オレが考え、オレが決めて、オレがやるんだよ!」

 

「オレが、オレが…。

 

 オレが解釈して認めた世界こそ価値があるんだよ!」

 

「オレが、オレが…。

 

 みんなオレが正しくて、間違っているのは、

 

 みんなお前らの方なんだよーッ!」

 

 

と、これは、

 

罪悪を他者に投影する、欧米系に多い詐欺である。

 

 

またこの〝オレがオレが詐欺〟を更に巧妙化させたのが

 

〝オレなんか詐欺〟だ。

 

 

「オレなんか、何をやってもダメだし、金もないし、

 

 どうせ、愛される資格なんかないんだ。」

 

「オレなんか、まあ、こんなもんさ。」

 

 

これは、主にアジアを拠点とする自責型詐欺で、

 

オレなんか、と言いながら、実は、

 

自分を解かってくれない他者を責めているという、

 

なんとも、ややっこしい詐欺である。

 

 

オレがオレが詐欺も、オレなんか詐欺も、基は同じ、

 

〝父を裏切っちゃった感〟から来ている。

 

 

神なんか要らない、という父に対する間違った解釈故に、

 

僕たちは、

 

自我による巧妙な詐欺に引っかかり続けている。

 

だがこれは、

 

他でもない〝オレ〟が下した解釈なのだから、

 

〝オレ〟が取り下げれば済む話でもある。

 

f:id:shusaku1:20190813013114j:plain

 

僕が解釈を取り下げる際に意識していることは、

 

一つ一つの出来事に対する解釈を取り下げるのでは

 

なく〝解釈〟という全体の概念自体を取り下げる。

 

 

あの人はどうのこうの、これに関してはどうしたこうした、

 

という、個々の解釈を指して云々するのではなく、

 

〝解釈をしていること自体〟を取り下げるのだ。

 

 

取り下げるということは、ただ止めるということである。

 

実際には、 

 

解釈自体に気づいて、それをただ見過ごすだけである。

 

 

そうして、みぞおちの奥を意識しながらハートを想い出す。

 

すると、解釈が〝神の想念〟に、さっ、と入れ替わる。

 

神が上がってくる感じ。

 

僕の場合、これを赦しと呼んでいる。

 

f:id:shusaku1:20190831101130j:plain

⇑ 弁護士先生と上海でカンパイ!

 

今月19日からは、14日間の里帰り休暇に入る。

 

今回は、香港 ⇒ 台北 ⇒ 那覇 ⇒ 大阪 ⇒ 香港

 

という旅程で行こう、と思っている。

 

台湾では久々に出版社の人にも会う予定で、

 

そろそろ新作も上梓しなければ、と思っている。

 

また、沖縄では、ちょっと豪華なホテルに泊まろう。

 

そして大阪では、じっくり両親に寄り添おうと考えている。

 

 

いくつものサイトを周遊しながら、

 

旅程に沿った周遊チケットやホテルを予約してゆく。

 

(社長! ス、スンマセン!仕事中にやりました!)

 

出張の手配と違い、

 

プライベートの旅程を立てるのって、すごく楽しい。

 

今回は、ちょっと奮発して、

 

LCCは使わず、ホテルも4万円以上のところを予約した。

 

 

よし、明日から、一生懸命働くぞーぃ!