香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

九月の雨

f:id:shusaku1:20190906030407j:plain

⇑ 真剣な表情で運勢を見てもらっている青年二人 

 

 

九月に入ってからというもの、毎日、篠つく雨が降り、

 

少しだけ秋の気配が漂い始めた香港である。

 

今日は、仕事帰りに、ジムで自主トレをした。

 

100キロのバーベルでダンベルプレスを3セットしたら、

 

あっという間にスタミナが切れ、

 

あとは、パントリーでコーヒーを飲んで過ごした。

 

 

新しい住まいも、大いに気に入っている。

 

家賃の小切手を郵送する際、本当にこの部屋が大好き、

 

とメモを添えたら、この部屋を楽しんでくれてありがとう、

 

と、大家さんからチャットが来た。

 

この時、僕たちは神の交歓をしているのだな、と思った。

 

f:id:shusaku1:20190906030353j:plain

 

というわけで、

 

すべての兄弟や、見えているものすべてから、

 

大好きとありがとうが滲み出てくる今日この頃である。

 

 

いまの僕にとって、

 

同僚や、友人や、通りすがりの人を愛するのは、

 

神を愛するのと、全く同じこととなっている。

 

また、仕事や、筋トレや、創作や、香港の生活など、

 

僕が幻想の設定の中に歓びを感じているとき、

 

それは神が僕に対して感じている歓びだと知覚できる。

 

僕が花瓶に生けた花を「きれいだな。」と思う想念は、

 

神が僕を愛でるのと同じ想念なのだ。

 

そうやって、

 

僕たちは愛を放つことで、神との交歓を可能にする。

 

 

このように、夢の中の登場人物が、

 

全て自分(神)であるように知覚されてくると、

 

同僚と仕事の話をしていても、友人とダベッていても、

 

また、電車で向かいに座っている人に対してさえも、

 

彼らが神の子そのもの、

 

すなわち、神そのものとして感覚化されてくる。

 

 

そうやって、あらゆる場面に神を観た瞬間、

 

 「ああ、神だぁーっ!」と、

 

みぞおちの奥から、ハートの想いが一気に昇ってきて、

 

目に映る全ての人や風景が、神を通して見たものとなり、

 

もう歓びで、みぞおちが〝ひゅんひゅん〟疼くのだ。

 

 

まあ、そんな感じで、自分を愛するように兄弟を愛し、

 

兄弟に感謝するように自分に感謝していると、

 

自分を含めた全ての兄弟全員が神となる。

 

自我を選んでいた時は、皆、敵に見えていたのに…。

 

 

ただ、誤解を避けるために述べるならば、

 

幻想世界が神の世界のように見えるのでは、ない。

 

幻想世界が本当に無だった、と理解したからこそ、

 

神しかない、全ては神だった、と知覚できたのだ。

 

 

具体的に言えば、

 

僕の仕事上での間違いを指摘してくれた同僚には、

 

攻撃された、ではなく、フォローしてくれた、となり、

 

買ってきたお弁当にゴキブリが入っていても、

 

神が入っていた、となってしまい、批判が起こらない。

 

常に〝神を理解している感覚〟しかなくなってしまう。

 

 

というわけで、おやすみなさい。