香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神のむき出し

f:id:shusaku1:20190915001931j:plain

⇑ スマホの使い方について、あーだこーだと云々する

   アパートの守衛のおじいさん二人。何かカワイイ。

 

外側の世界は、自分の心が投影された世界であり、

 

見えている世界が自分の心の中そのものだった、

 

という感覚になってくると、空間認識が反転を始める。

 

 

どういうことかというと、外側が内側で、内側が外側、

 

見ている側と見られている側が同じ、つまり、

 

見えている世界側が自分のように感じられてくる。

 

 

普通、心の中と言えば、どこか曖昧模糊としていて、

 

目には見えないもの、という感じがしているが、

 

何のことはない、心は外にむき出しにされており、

 

僕たちは外の世界を見ているようで、実は、

 

自分の心の中を覗いているのだ。

 

なので、

 

外の世界で起きている事や登場人物を赦すとき、

 

実際には、自分の心の中を赦しているのであり、

 

外の世界を楽しんだり、慈しみや優しさを以って暮らす、

 

ことで、自分の心の中が癒やされてゆく。

 

そうやって心の中が癒されてくると、

 

これまで闘いの象徴だった外の世界は消滅してゆき、

 

代わりに神の国が〝じわっ〟と眼前に顕われてくる。

 

f:id:shusaku1:20190916003302j:plain


さっき、

 

「今僕は、自我の投影ではなく、

 

 神の反映(歓び)を受け容れます。」

 

と、なぜか突然、世界に向かって宣言したくなり、

 

気が付けば、居間の真ん中で、そう叫んでいた。

 

すると、部屋全体にハート満ち、歓びがあふれてきた。

 

 

ただ、ひとつ、誤解を避けるために述べておくならば、

 

神の反映として世界が見えているからと言って、

 

見えている物質世界自体が神ではない、ということだ。

 

いくら世界(心の中)に神が満ちているように見えても、

 

やっぱり、何も起こってはおらず、存在すらしていない。

 

 

神はずっと、ここに在った。

 

その想いは一度も変わったことがない。

 

それだけ。

 

f:id:shusaku1:20190916005956j:plain


 

今週木曜日から2週間の一時帰国休暇に入るので、

 

今日、散髪に行って来た。

 

髪はいつも西灣河(サイワンホー)にあるヘアサロン、

 

REBEAUXの店長さんにやってもらっているのだが、

 

今回は、世界で大流行している〝ゼロフェードカット〟

 

に挑戦した。

 

これは、上から下に向かって、後頭部と側頭部の髪を、

 

だんだん地肌が露出するくらいにまで刈り上げるという、

 

スタイリストさんにとってかなり難易度の高いカットらしく、

 

自分の腕の見せ所だ、と、店長も乗り気だ。

 

 

1ミリ、0.6ミリ、0.1ミリ、という具合に、

 

いくつものバリカンを使い分けて刈り込んでゆく。

 

この髪型は、上部にまとまった髪がある人限定で、

 

しかも、

 

頭の形がある程度長細くないと、鳳啓介みたく、

 

ちゅんちゅくりんになってしまうのだという。

 

f:id:shusaku1:20190914181008j:plain

 

よし、これで、一時帰国の準備は済んだ。

 

今週木曜日から台北で二泊したあと、沖縄へ移動する。

 

台北では、出版社の人に会う以外、

 

これと言ってやることもないので、

 

行きつけのバーへ行き、あとはのんびり、

 

台湾名物である夜市を楽しむつもり。

 

もし、台北の読者兄弟で時間の合う方がおられれば、

 

メールいただければ、お茶でもしましょう。

 

 

また、沖縄では、あの強烈〝法悦女子〟と合流し、

 

レンタカーを借りて思い切りベタな沖縄観光をする予定。

 

彼女は、神とハートを体感ベースで語り合える、

 

数少ない兄弟なので、本当に楽しみである。

 

 

なんなら、オレのゼロフェードカットで、

 

天城越えしてもOKだぜっ!(笑)