香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

レンタルさん

f:id:shusaku1:20190917233902j:plain

 

日曜日、フジテレビの番組 『ザ・ノンフィクション』で、

 

『レンタル、なんもしないボクを貸し出します』

 

という、ドキュメンタリーをやっていたので見た。

 

 

〝レンタルさん〟と呼ばれる35歳の〝ぼく〟は、

 

自宅がある国分寺駅からの往復の交通費と諸経費を

 

負担してもらえれば、いつでも〝ぼく〟を貸し出す。

 

ただし、条件は、飲み食いや、ごく簡単な受け答え以外

 

なんもしない、というもの。

 

そしてこのサービスが、いま、

 

東京に住む20代の女性を中心に大盛況なのだという。

 

 

依頼内容はと言えば、

 

恋愛感情を抱かない男性とファミレスで食事がしたい、

 

自分が作った曲を、目の前で聞いてほしい、

 

知り合いの前だと気を使ってヘラヘラする自分が嫌で、

 

嫌われてもいい相手と、真顔で一緒に食事をしたい、

 

おもてなしをしなくてもいい相手に泊まりに来てほしい、

 

ひとりだと家の片付けができないため、ただ隣で、

 

片づけをしている自分を見ていてもらいたい、など…。

 

また、おなら恐怖症の女性の後ろをずっと付いて歩き、

 

自分が本当に臭いか正直に述べてほしい、

 

いう依頼まであった。

 

f:id:shusaku1:20190917233844j:plain

 

面白いのは、

 

レンタルさんは報酬を一切受け取らないことだ。

 

本人曰く、本当に何もせずに(金儲けすらせずに)

 

やって行けるのかを実験しているのだという。

 

 

依頼者が、

 

レンタルさんに求めているものは無解釈と無評価だ。

 

彼らは、自分がやったり、言ったりすることに、

 

「なんで?」と解釈や評価を差し挟まれたくない。

 

なので、あれこれ評価されるのを嫌う彼らは、普段、

 

知り合いや友人の前では決して素の自分を出さない。

 

 

しかし、それでもどこかで、

 

〝本当の自分を分かって欲しい〟という欲求はあり、

 

微妙は距離感でそのニーズを満たしてくれるのが、

 

レンタルさんだった、というわけである。

 

 

それに、

 

レンタルさんのちょっと虚無的でうつろな眼差しや、

 

どこまでも受け身で、ソフトなイケメンキャラが、

 

女性たちに安らぎを与える要因にもなっている。

 

f:id:shusaku1:20190917233849j:plain

 

この番組を見ていて、なぜか聖霊兄貴を思い出した。

 

ただ〝無い〟だけを差出す存在である聖霊兄貴は、

 

隠蔽しておきたい秘密を、僕たちにそっとさらけ出させ、

 

それによって、僕達の心の中の罪悪感を取り消してゆく。

 

 

それから、レンタルさんの角度から見れば、

 

眼前で依頼者が起こしているパフォーマンスに対して、

 

何の期待も解釈もせず、この人はこうと決めることもなく、

 

ただ、起きていることを起きていることとして見ている。

 

本人が気づいているのかどうかは不明だが、

 

彼はきっと、眼前の依頼者の姿に、

 

無意識の罪悪感を映し出すことによって、

 

自分の心の中を直視しているのだろう。

 

そして、いつか彼は、

 

自分が本当は神を観ていたことに気づくのだ。

 

 

そんなわけで、明後日から長期休暇に入る。

 

今回の休暇は、もう神が自分の中にずっといた、

 

と知っている状態で迎える、初めての休暇である。

 

ゆっくりのんびり、

 

神の中でたゆたっていることにする。