香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

コンプレックスを赦す

f:id:shusaku1:20191020021221j:plain

 

ずっと、広東省の珠海に行っていた。

 

毎年10月に開かれる消耗材展覧会への参観と、

 

国内取引先のパーティーに出席するためだ。

 

 

歌あり、踊りあり、ラッキードローありのパーティーは、

 

とても豪華で、華やかだった。

 

パーティー後も、野外広場でカクテルパーティーが催され

 

多くの人たちが、夜遅くまで盛り上がっていた。

 

 

ただ、僕はあまり楽しめなかった。

 

というのも、取引先主催のパーティーというのは、

 

展覧会へ商談にやって来た関係者が多数出席しており、

 

様々な企業の関係性や思惑が錯綜する場所でもある。

 

僕は普段、財務や法務の仕事をしているので、

 

こういう営業の場所に顔を出すことはごく稀なのだが、

 

今回は、あるプロジェクトの通訳に駆り出されたのだ。

 

f:id:shusaku1:20191020021204j:plain

 

昼間、

 

偉い人や、ほとんど初対面の人たち相手に、

 

言ってよいことと、悪いことを区別しながら話したり、

 

利害によって立ち居振る舞いを変えて対応することに、

 

疲れ果てていたのか、夜のパーティーの席では、

 

たまたま隣り合わせた、他社の営業担当の人と、

 

ワインを飲みながワイワイ話しているうちに、

 

僕もだんだん気が緩み、素の自分を出し始めた。

 

 

すると、互いにざっくばらんな話をしている延長線で、

 

「星谷さんって、高い声が裏返ってなんか気持ち悪い。」

 

と、何気ない口調で言われた。

 

過去にもそのような感じのことは言われたことがあり、

 

自分でも、ドキン、とした。

 

 

それから、ホテルへ戻り、香港へ戻り、自宅へ戻っても、

 

その〝気持ち悪い〟の一言がずっと心に引っかかり、

 

自分は人から気持ち悪いと思われているのだろうか、

 

と考えれば、兄弟たちがとても怖い存在に見え、

 

もう居ても立っても居られないほど、胸が苦しくなった。

 

なのでこの週末は、じっくり赦しを行なうことにした。

 

f:id:shusaku1:20191020021209j:plain

 

あの営業担当の彼は、やはり僕の心を投影している。

 

自分は、他の〝ちゃんとした兄弟たち〟とは違っており、

 

気持ち悪い存在で、それに対し罪悪感を抱いている。

 

そして、僕以外の〝ちゃんとした兄弟たち〟はまた、

 

父(神)の象徴でもあり、本当は、僕の無意識の心が、

 

自分は神と違っている、と信じている証拠でもある。

 

 

自分は神と違っている、他の兄弟とも違っている、

 

故に自分は攻撃されても仕方のない存在なんだ、

 

という思い込みを認識し、じっと見つめる。

 

それでもやはり、自分が見ているものは存在せず、

 

それは本当に無いのだから、無なのだ、と、

 

自分も、兄弟も無罪であったことを思い出し、

 

そこから、神へ触れてゆく。

 

f:id:shusaku1:20191020021157j:plain



 

だが、胸の重さ(罪悪感)はずっしりと居座っている。

 

 

「J、この、あると思っている罪悪感を、

 

 全て神の祭壇に捧げます。

 

 なのでどうか、僕が、Jや神と同じ存在だ、

 

 ということを思い出させて下さい。」

 

 

ベッドに仰向けになり、僕は祈った。

 

祈った後はもう、自分で何とかしようとすることは止め、

 

ただこの胸の苦しさを、J兄貴に預ける感じで、

 

じっと目を閉じ、ただ咎めず判断せず、放置していた。

 

f:id:shusaku1:20191020021232j:plain

 

夕方、WOWOWで〝I Feel Pretty〟という映画を観た。

 

太めな体にコンプレックスを抱いている女性が、

 

ジムの床で頭を強打してから、

 

自分がナイスバディのブロンド美女に見えるようになり、

 

自分は絶世の美女だという思い込みで行動してゆくうち

 

恋も仕事も手に入れるのだが、再び風呂場で頭を強打し

 

ナイスバディが、ただの思い込みだったことを知り…、

 

という物語なのだが、その中でのセリフで、

 

 

「私はずっと私だった。

 

子供の頃はみんな自信に満ちている。

 

お腹が出ていようと思い切りパンツを食いこませて踊る。

 

でも、ある日、砂場で誰かに意地悪なことを言われて、

 

何度も自分を疑ううち全ての自信や自尊心が消え去る。

 

でも、それに打ち勝つ強さを手に入れられたら?

 

見た目なんか関係ない。声もね。

 

誰に美しくないとか、能力がない、と言われようと、

 

本当の私たちは、もっと素晴らしいものです。

 

だって、私は、私だから。

 

みんな、ほんの少しの嫌な部分ばかりに固執して、

 

素晴らしい部分を完全に見逃している。」

 

 

この瞬間、これはJからのメッセージだと解かった。

 

僕はセリフの中の〝私〟という言葉を、

 

神の子に置き換えて理解していた。

 

それに、偶然なのか、僕とと同じように、小さい頃から、

 

自分の高い声に劣等感を持っている社長も出てくる。

 

f:id:shusaku1:20191017220717j:plain

 

Jが僕を励ましてくれている。

 

誰に何を言われようと、何も変える必要などない。

 

努めて、低い声を出そうと訓練したり、

 

人によって言動を変えたりする必要もない。

 

 

神と自分とは違っている、を、兄弟と自分は違っている、

 

というふうに、罪悪感をすり替えている。

 

ただそれは間違いで、神はいつもここに在るのだから、

 

神と同じものとして、黙って凛としていればよいのだ。

 

 

みぞおちにはまだ、刺すような苦しさが残っているが、

 

まあいい、Jがそのうち癒やしてくれるだろう。