香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

夢を見ている者

f:id:shusaku1:20191113012913j:plain

⇑ 杭州では上海蟹を食べた。

 

今日は、

 

抗議活動と警察による排除行為が過激化したため、

 

香港中の地下鉄やバスや列車が運休となり、

 

僕も家で自宅待機となった。

 

しかし、家にいるからと言って、

 

ソファに寝転がり、せんべいをかじりながら、

 

テレビを見ているわけにはいかない。

 

書斎に籠り、杭州出張で溜まった仕事をやっつける。

 

夕方買い出しに出れば、店は軒並みシャッターを下ろし、

 

スーパーも6時で閉店となり、結局、家でご飯を炊き、

 

缶詰のチャーシューと漬物で夕食を済ませた。

 

いまも、救急車やパトカーのサイレンの音がしているが、

 

明日は、何としてでも会社へ行きたい。

 

帳票類の原本が会社にあるため、

 

やはり、家のパソコンだけでは限界がある。

 

 

こうやって、

 

神だけがリアルであり、それ以外は全て存在しない、

 

を生きながらも、日常の普通のことは普通にこなす。

 

その中で起きることを神へと向かうツールとしながら、

 

神だけをリアルにしてゆく。

 

f:id:shusaku1:20191113012918j:plain

 

 

杭州から戻った夜、クラウド録画で即位パレードを見た。

 

その後、美智子上皇后の生い立ちドラマも続けて見た。

 

実際の映像と、ドラマを交えた伝記的物語だったが、

 

このドラマを見て感嘆したのは、

 

元華族の女官たちに囲まれた壮絶な宮中生活の中で、

 

上皇后さまは絶対にどんな人をも咎めず裁かず、

 

誰に対しても愛情と優しさを以って接しておられた、

 

という事実だった。

 

中傷の中にあっても、常に他者を愛の存在として観る。

 

まさにこれって、赦しの実践そのものだと思う。

 

 

こういうドラマは、

 

得てして、嘘っぽい美談に終始するものだが、

 

それでも、今世は日本国民である僕たちは、

 

美智子さまが被災地などを視察される際に見せる、

 

優しい眼差しや丁寧な言動を知っているだけに、

 

このドラマには、大きな説得力があった。

 

なので、

 

僕も今後は、兄弟に愛と優しさで接しようと決めた。

 

(※ 決めただけ…。)

 

 

要するに、心の中に神を見出しているか否か、なのだ。

 

自分の中の神を通して他者を見ていれば、

 

「なんじゃ、こっらぁーっ。おんどりゃ、こんどりゃ。」

 

も、

 

「大好きだぜーっ、こっらぁー。」と聞こえてしまう。

 

(※ホンマかっ!)

 

f:id:shusaku1:20191113013102j:plain

⇑ 杭州名物のブタの角煮。

   饅頭(まんじゅう)に挟んで食べる。

 

閑話休題。

 

最近、僕の心の中で、神への妥協が消滅しつつある。

 

神だけが実在であり、それ以外は存在しない、を、

 

如何なる妥協もなく、徹底して選択し始めている。

 

 

コースは心の中だけを扱うもので、

 

外の世界で、セックスしたり、やりがいを追及したり、

 

美食を楽しんだりすることは決して悪いことではない、

 

という名目のもと、それを言い訳にして、

 

無意識のうちにコースを現実の生活に当て嵌め、

 

聖霊にお任せ、といいながらも意識の底ではどこか、

 

個人的な厄介事が解決されるよう、

 

聖霊からの〝計らい〟を期待している。

 

 

しかし、もうこれからは、

 

神の世界だけが真実で、それ以外は真実ではない、

 

神の中だけにいたい、と、心底心底心底、思うのだ。

 

 

幻想を幻想として扱う、夢を夢として扱う、とは、

 

夢の中にいる夢そのものとしての自分でははく、

 

夢を見ている者で在る、ということである。

 

その先に、神だけが在り、

 

神以外は実存ではない世界が拡がっている。

 

 

本当に世界が無い、を生きる、とは、

 

自分がすでに神の王国にいたという自覚であり

 

一度も神から離れたことがなかったという気づきである。

 

 

というわけで、ようやく、肉体の自分を放棄する覚悟が

 

調いつつある今日この頃である。