香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

憎しみの輪廻

f:id:shusaku1:20191113012812j:plain

 

ずっと以前の記事で、

 

僕たちは、自分が今世で憎んでいる者に転生する、

 

というようなことを書いたが、本当にそうだな、

 

としみじみ実感している今日この頃である。

 

 

先日の〝元コンババ部長ミス多いね騒動〟しかり、

 

いま、自分が彼からされていることを、前世で、または、

 

今世のだれか他の兄弟に、自分はしていたのだと思う。

 

ここで僕が赦さずに反応し、ドンドンバチバチやってたら、

 

きっと来世では、

 

僕が彼になって、ミス多いね、とやっているのだろう。

 

なので、彼を赦すことは、前世の僕を赦すことになるし、

 

今生で出会う全ての人は、前世の僕であり、

 

今世で赦さなければ、来世でやることになる僕となる。

 

そういう意味で、

 

僕は他者を赦しているようで、本当は自分を赦している。

 

 

そして、実存しているのは神だけで、それ以外は全て、

 

幻想であり、実存ではない、と知ることで、

 

前世で起きた事や来世で起きるであろう事が削除され、

 

夢見の輪廻を終えてゆくことができるのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

夢見の輪廻と言えば、僕の夢の中の香港ではいま、

 

憎しみの輪廻が、真っ赤に燃えさかっている。

 

興味半分でデモを見に行くような段階は終わっていて、

 

街中での催涙弾発射や銃撃が日常になってきている。

 

北京で、月蛾(がつが)が、国家主席と会談して以降、

 

警察の排除行為が一層激しさを増した。

 

今日は、香港の丸の内、セントラル地区でも、

 

多くのサラリーマンやOLが、昼休みを利用して、

 

警官隊による市民への発砲に抗議するデモを行ない、

 

結果、機動隊による催涙弾攻めに遭っていた。

 

デモの掛け声も、

 

「香港人頑張れ!」から、「香港人は復讐する!」

 

に変わった。

 

 

こういう国家的な憎しみの輪廻を見ながら、

 

自分で自分に行なっている、自分の心の中を赦す。

 

それは、神だけが実在で、それ以外は実在せず、

 

よって、世界は存在しない、という角度の赦しだ。

 

 

実存しないものに真実を与えるようなことをしない。

 

見えていることに注目して、それを実存させない。

 

神の中から見れば、世界は本当に無い。

 

そのことを思い出すためだけに、この映像を使ってゆく。

 

だから、

 

怒りたければ〝怒らせて〟やればいいし、

 

発砲したければそう〝させて〟やればいい。

 

 

ただし、現実世界では〝普通に〟行動する。

 

ニュースなどを見て、今の状況をちゃんと把握し、

 

催涙弾を撃たれたら逃げ、身の安全を確保するのだ。

 

f:id:shusaku1:20191113012826j:plain

 

というわけで、さっき、中国の杭州から戻ってきた。

 

今回は信頼できる大好きな陳弁護士が一緒だった。

 

源泉徴収税について仕入先と協議する場だったのだが、

 

損得、戦略、利害からの駆け引き満載の中、

 

これは自分が見ている夢であり、神以外実在せず、

 

それであれば、そのようにこの映像を観る。

 

夢の登場人物が、したいようにさせてやる。

 

 

で、直感した。

 

幻想の世界でも、もう会社勤めは終わりだな、と…。

 

だって、ここが夢なのであれば、何をしてもいい筈で、

 

それでも、

 

絶対にやりたいわけでもない会社員をしているのは、

 

やはり、これをしないと生きて行けない、つまり、

 

幻想をリアルにしている、ということなのではないかと…。

 

 

眠くなってきたので、

 

このことについては、次回にまわすことにする。

 

おやすみなさい。