香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

実践第一主義

f:id:shusaku1:20191113012839j:plain

⇑ 杭州の税務署。いまはお昼休み

 

今日の香港も、抗議活動の過激化により、

 

交通機関がマヒしているため、自宅待機となった。

 

が、僕は業者に仕入代金を支払わねばならないので、

 

なんとか、会社で支払い処理を済ませたかった。

 

うちの業者さんは皆中小企業で、金額も大きいため、

 

支払いが遅れると、彼らを困らせることになる。

 

 

で、決死の覚悟で出勤することにした。

 

自宅から会社までの距離は、東京で言えば、

 

銀座から川崎といった感じか、もちろん川崎が会社だ。

 

 

まず、海底トンネルが不通なのでバスは使えない。

 

なので、

 

動いている数少ない地下鉄を乗り継いで行くのだが、

 

列車の扉を締めようとすると、抗議活動の人が、

 

扉の間に傘を差し挟み、発車を妨害するので、

 

待てど暮らせど、列車は来ない。

 

やっとの思いでできるだけ会社に近い駅まで来ると、

 

そこから交通手段を探した。

 

(※会社の最寄り駅はすでに閉鎖されている。)

 

すでにバスはなく、タクシー乗り場は長蛇の列だった。

 

 

このとき、

 

〝問題を見過ごすことで、それらを実在させない。〟

 

〝世界は夢で、夢の中以外では存在していない。〟

 

これらを実践するチャンスだ、と、僕は思った。

 

神の実存へ向かうためだけに夢の現実を使うのだ。

 

 

また、自分は何もする必要はないのだ、とも思った。

 

聖霊兄貴になりきって(聖霊兄貴と一緒に、ではない)、

 

ただ、ぼーっ、と、タクシー乗り場に並ぶ。

 

タクシーがやってきては、運転手が行き先を聞いてくる。

 

彼らは、ここからできるだけ遠い、国境付近の街である、

 

上水や粉嶺へ向かう乗客を見つけようとしている。

 

値段を聞けば上水まで600香港ドル(約9千円)という。

 

通常の6倍の値段だ。しかし、客側も負けてはいない。

 

自分達で同じ上水へ向かう客を4人集め、

 

一台のタクシーに乗り込む。

 

これだと一人150香港ドルで済むからだ。

 

 

そんな感じで委ねながらタクシーを待っていると、

 

「火炭(フォータン)!火炭へ行くやつはいないか?」

 

みれば、一台のタクシーの隣で、半パンのおっちゃんが

 

僕の会社がある場所を叫んでいる。

 

おお、神が叫んでいる!

 

僕は一目散におっちゃんと共にタクシーに飛び乗った。

 

結局、集まった乗客4人で料金をシェアし、

 

一人1000円で会社まで辿り着いた。

 

 

会社に着くと、すでに11時を過ぎていた。

 

そこから、ネットで全ての支払いをセッティングし、

 

会議の資料を作り、昼飯も食わずに何やかやして、

 

午後3時くらいに会社を出た。

 

帰りは、なぜかたまたま運よくタクシーが捕まり、

 

自宅まで行ってくれるというので、ラクに帰れた。

 

 

まあ、ジャングルの密林の中にいるわけではないので、

 

交通がマヒしていようが何とかなる。

 

ただそれを実在させず、置き去りにする事だけに徹する。

 

妄想劇場が始まれば〝シャットダウン、エゴ!〟と、

 

心の中で一喝し(僕の場合は実際に大声で叫んでいる)

 

妄想が途切れたところで、

 

私が今思っていることは間違っている、

 

と冷静に宣言し、そこから神を想い出してゆく。

 

f:id:shusaku1:20191113012837j:plain

⇑ 最近は中国の税務官の態度もずいぶんよくなった。 

 

個人的には、

 

こうやってどんどん社会や兄弟と、相まみえた方が、

 

自分が無意識に信じているものを見せられることで、

 

一人で部屋に籠っているより、

 

取り消しは大幅に加速する、と確信している。

 

やはり、最後は、実践ありき、なのだ。

  

  

コースだけをやっていたい、という人がいる。

 

コースだけをやるというその意味は、

 

コースだけを、夢に現れる兄弟たちに当て嵌め、

 

赦しの実践をしてゆく、ということであり、

 

1日中〝研究〟だけをして過ごすことではない。

 

逆に、実生活の中で赦しの実践をしている人こそ、

 

真にコースだけをやっている、とも言える。

 

 

そういう意味で、僕はスワットなのだな、と思う。

 

コースの理論や内容は、

 

それを正しく理解している誰かから学び、

 

自分は、その理論を、ただ実践してゆく。

 

その中でひとつ肝に銘じているのは、

 

間違った理論で実践しても意味がないということだ。

 

だから、ちゃんとした教師から正しい理論を学び、

 

実践してゆく。

 

そうすると、あとは兄貴が導いてくれる。

 

 

というわけで、多分、明日も自宅待機、

 

目指せ、ゲイリーの4冊目読破!(⇚ おせーよ!)