香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

曝け出すのだ!

f:id:shusaku1:20191128000858j:plain

⇑ 復興への爪痕

 

ひゃ、ひゃ、ひゃっほーいっ!

 

一時帰国休暇の稟議申請が通ったのだ!

 

今回は、旧正月を挟み、なんと、18日間の休暇となる。

 

クリスマスの時期に帰るか、春節の時期に里帰りするか

 

大いに悩んだのだが、年末の日本は何かとせわしなく、

 

どこへ行っても人が多そうに思えたので、

 

普通に人々が働いている一月の後半に帰ることにした。

 

それに、旧正月の時期に外国人が香港にいても、

 

これと言ってやることもなく、ただ退屈なだけだし、

 

年末も、クリスマスや元旦で、9日くらい休むので、

 

それを利用して、台湾とかに行った方がいいかな、

 

と、考えた次第である。

 

 

で、稟議が通ったので早速、航空券を予約しようと、

 

エクスペディアでいろいろ検索してみた。

 

今回は会社負担なので、もちろん、LCCには目もくれず、

 

大手航空会社の正規便に絞り込む。

 

ぎえっ、キャセイで18万円、JALで15万円だって!

 

しゃ、社長、ごっつあんですっ!

 

 

今回の里帰りでやりたいことと言えば、

 

・歯のホワイトニングに行く。

・スーツを買う。

・ゴールドジムへ行く。

・温泉へ行く。

・催眠術を受けに行く。(この話はまたいずれ…。)

 

くらいなのだが、寒さの一番厳しい時期なので、多分、

 

大阪の実家で、まったりお籠りして過ごすと思われ…。

 

なので、関西におられるコース兄弟の皆様、

 

ランチや、夕食や、お茶や、夜の一杯(これ第一希望)

 

など、など、どしどしお誘いくだされ!

 

f:id:shusaku1:20191128000850j:plain

⇑ 閉鎖されたままのホンハム駅 

 

というわけで、香港もようやく平静を取り戻しつつある。

 

日曜日に行われた区議会選挙は民主派の圧勝となり、

 

これで民意が反映される、と思いきや、

 

第三者委員会による警察の暴力調査の要求を、

 

月蛾は全面拒否、これでまた抗議活動が再燃しそうだ。

 

 

それでも、

 

デモ隊の焼き打ちに遭って以来、ずっと封鎖されていた、

 

香港島と九龍半島をつなぐ海底トンネルの料金所が

 

今日から再開され、バスで九龍側へ渡れるようになった。

 

長い間、地下鉄を乗り継いで迂回通勤していた僕も、

 

これでようやく正常なルートで通勤することができる。

 

f:id:shusaku1:20191117234117j:plain

⇑ 大好きなブランド、ポール・スミスで、

    日本一時帰国に着てゆくコートを品定め。

    な、なんと、35万円也!

    退散⇒後ろ髪⇒ボーナス⇒でも⇒ご褒美⇒よし!

       この35万円のコートを見たいあなた、

  一時帰国の際にお誘い下されば、

  着て行ってあげてもよくってよ!(お蝶夫人かっ!)

 

今週の香港事務所は、

 

エドワードが長期休暇で台湾へ旅行中で、

 

もうひとりの日本人も中国出張で留守ということで、

 

僕一人、お留守番をして過ごしている。

 

 

その間、ある中国企業の情報をネットで収集し、

 

IR情報や財務指標、株主状況などをエクセルでまとめ、

 

パワポに反映させる、という作業に没頭していた。

 

こういう、一日中机に座ってやる仕事って、なんか好き。

 

出張であちこち飛び回る仕事より、断然、身体がラク。

 

しかも、事務所にたった一人。

 

扉を開けたまま、用を足したって平気だ。(笑)

 

やっぱり俺って、基本、お籠り体質なのだ、と思う。

 

 

それでも、来月の前半は、珠海、フィリピン、上海、と、

 

出張が目白押しの為、大いに今のお籠りを楽しんでおく。

 

f:id:shusaku1:20191123130139j:plain

⇑ この人たち、全部VRの妄映だなんて… 

 

とまあ、こんな感じで、湧いては消えてゆく雲のように、

 

あらゆる事が、自分の眼前で生起しては通り過ぎてゆく。

 

それらの出来事に反応して起こる、さまざまな想いも、

 

やはり、起こったかのように見えては、消えてゆく。

 

見えている雲に実体はなく、掴むことすらできない。

 

見ている現実も、雲のように実体のないものなのだ。

 

なので、ただ反応せず、消えるに任せてやるしかない。

 

だってそれは、見えているけど無い、のだから。

 

記憶を使って、幻想を実存させてはならない。

 

 

聖霊兄貴に、全ての〝個の想い〟をさらけ出す。

 

どんな思いも持たず、今、ここで、たださらけ出している。

 

それが、僕にとっての〝沈黙〟である。

 

 

すると、

 

あの、ベッドで感じるぬくぬくとした平安の感覚と共に、

 

神の不変の〝感じ〟が、自然に湧き上がってくる。

 

この感じだけが実存だ、と、凛とした自覚に凌駕される。

 

 

そんなこんなで、それぞれの兄弟に神を見るのではなく、

 

〝ひとつの兄弟〟が神だった、になりつつある。