香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

これが、それだ!

f:id:shusaku1:20191128000845j:plain

 

何だかわからないのだが、びゅんびゅんが停まらない。

 

何か不快な出来事が起きたわけでもないのに、

 

みぞおちがびゅんびゅんと鳴り、騒がしくて仕方がない。

 

なんていうか、不安と焦燥が入り混じった感じ。

 

それで、ここ一週間、ほとんど眠れていない。

 

(※ああ、フィリピンのホテルのベッドが恋しいよ。笑…)

 

 

夜一時頃床につき、そのまま朝までびゅんびゅん…。

 

それでも、肉体は至って元気で、普通に肌ツヤもよい。

 

電車の中で居眠りすることもなく、疲れも感じない。

 

きいぃーっ!

 

眠れないし、びゅんびゅんだし、あまりに鬱陶しいので、

 

自分は天国のハートの歓びの想念以外、要りませんっ!

 

と、聖霊兄貴に断言したら、これがそれだ、と返ってきた。

 

f:id:shusaku1:20191128000905j:plain

⇑ 自炊が面倒くさいので、家の近くのレストランで、

   夕食を食べる。この日のメニューは、

 『鶏のから揚げマヨネーズ和え』


 へっ? これが神の想念なの?

 

そう言えば、神を感じるようになった当初は、

 

あまりに神が騒がしくて、数か月眠らなくても平気だった

 

と、以前、法悦女子が語っていたのを思い出した。

 

 

本当は、毎瞬毎瞬、歓びしか感じていないのに、

 

僕達はその歓びを、毎瞬毎瞬、否定し続けている。

 

歓びを歪めることで、自分の感じ方を作り出せた、

 

と思い込んでいる。

 

実際には、

 

否定すらできておらず、歪めることも不可能だった。

 

歓びは歓びのままここに在り、

 

神はずっと、一度も離れることなくここに在ったのだ。

 

 

この事実を、心(マインド)である自分が思い出すことで、

 

意識(決断の主体)に、繰り返し、繰り返し、教える。

 

何度も何度も、妄想劇場が上がってくるということは、

 

意識が頑なにそれを信じている証拠だと言える。

 

だから、神だけが実存で、分離はできていなかった、と、

 

何度も何度も意識へ返すことで気づかせてゆくのだ。

 

f:id:shusaku1:20191128000917j:plain

 

というわけで、今日も一人、事務所で資料作りをした。

 

途中、明日が月末であることを思い出し、

 

本社に出勤状況の報告をせねば、と、

 

タイムカードをチェックしてみれば、出張を含め、

 

今月はたった12日しか働いていないことが判明した。

 

やはり、デモの影響で自宅待機が多かった。

 

それで、来月と再来月の出勤予定日数を調べてみると、

 

来月の出勤日数がクリスマス休暇の影響で16日間、

 

一月に至っては、元旦の休みと一時帰国休暇が重なり、

 

出勤日が、たったの10日間しかないことが分かった。

 

 

数年前の僕だったら、どこかへ旅行に出掛けるか、

 

毎晩クラブに繰り出して(沢尻かっ!)いただろう。

 

それが今では、ずっと家でお籠りをしながら、

 

自分の内側を旅している方が、よりリアルで幸せ、

 

というのだから、人生分からない。