香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

後ろへ進むと、前から神が来る

f:id:shusaku1:20191203213658j:plain

⇑ 最近はウイスキーも飲まなくなった。

 

12月に入り、ナイアガラの滝のように、時間が速く進む。

 

一週間なんて文字通り「あっ!」と言う間に過ぎてゆく。

 

理由は分らないのだが、

 

意識(決断の主体)の位置から、更に背後(奥)へと進み、

 

四六時中、靈(スピリット)を感じているようになってから、

 

余計にVR世界での時間が加速し始めた気がする。

 

朝9時に会社へ行ったのに、

 

途中の午後2時から5時がごっそりと抜けて、

 

いきなり、いま夕方6時です、みたいな、そんな感覚…。

 

ひょっとして、朝起きたら、来年になっていたりして。(怖)

 

 

というわけで、今日、社長から年末賞与の告示が出た。

 

3.5ヶ月!

 

新会社になり、社長、かなり頑張った。

 

これで、ポールスミスのコートが買える、と思いきや、

 

前回の記事でも書いた通り、物欲がなくなってきた。

 

だって、僕が唯一やりたい事といえば、

 

神の実存に触れていることなのだが、

 

それには、お金は一銭もかからないし、

 

ポールスミスのコートも必要ない。

 

 

とまあ、そんなこんなで、お金を使わなくなった。

 

独身なので、子供や孫に金をかけることもなく、

 

海外出張に行きまくっているので、旅行はもう勘弁だし、

 

誰かのリトリートや、何かのセッションや講義に参加して、

 

スピビジネスに加担する気も、サラサラない。

 

この週末も、家の前で抗議活動のデモが行われるため

 

トレーナーとの筋トレもキャンセルとなり、家に籠って、

 

のんびり何もせずに、ボーっ、と過ごしている。

 

f:id:shusaku1:20191203213800j:plain

 

というわけで、

 

意識が後ろ側(背後側)を向きっぱなしである。

 

意識(決断の主体)が、自我を選ぶか、兄貴を選ぶか、

 

という図を表わす際、ほとんどの教師は横並びに書くが、

 

僕の場合、感覚的に、

 

意識が前方を向いていると自我に没入していて、

 

意識が後ろ側へ進むと兄貴と一体化している、

 

というふうに、前後で選択する感じである。

 

 

自分の背後と前方のスクリーンの裏側は連結していて、

 

決断の主体から更に背後に進んで神を選んでゆくと、

 

現実のスクリーンの裏側から神の光が反映されてくる。

 

うまく説明できないのだけれど、故郷は後ろ側にある。

 

 

普段の生活の中で、意識を後ろ向きにさせていると、

 

だんだん、そちらの方(靈/神)がリアルになり、

 

現実の映像が、寝ている夢と全く同じ、真実ではなく、

 

世界は本当に無かった、という理解が起こってくる。

 

 

僕たちは、

 

心の中で信じていることを、映像として見ることになる。

 

神だけが実存だ、がリアルになると、神が映像となる。