香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

心にとどまる

f:id:shusaku1:20191203213703j:plain

 

最近ますます、この世界でやりたい事がなくなってきた。

 

長期の休暇があっても、別段行きたい所もないし、

 

会いたいと思うような人もいない。

 

唯一書き続けていた小説ですら、筆を折りつつある。

 

あんなに好きだったワイドショーやアイドルにも、

 

全く興味がなくなってしまった。

 

 

だからといって、毎日が空しいわけでもない。

 

まあ、仕事は忙しいので、普通にやっているし、

 

美味いものは美味いし、来月の一時帰国も楽しみだ。

 

しかし、それもまた、通り過ぎてゆく夢にすぎない。

 

f:id:shusaku1:20191203213716j:plain

 

外界への興味が薄れてゆく代わりに、

 

心の中に入って、神の実存を感じていることが、

 

僕にとっての圧倒的リアルになりつつある。

 

 

もう、電車の中や、会社の昼休みや、家にいる時、など、

 

暇さえあれば、内なる世界を旅している。

 

例えば、突然、自我の妄想が湧き上がってきたり、

 

夢の出来事に反応してしまいそうになった際、

 

さっと、前のめりになっていた意識を背後へと戻し、

 

〝ひとつの心(意識)〟の位置まで戻ってゆく。

 

 

ひとつの心は、普段、肉体の僕として考えたり、

 

反応したりしている、個の魂(ソウル)としての部分と、

 

靈(スピリット)の領域との、ちょうど中間の位置にあり、

 

そこでは全ての兄弟の意識がひとつに集約されている。

 

 

実は最近、なぜか、自分の内側(背後)の奥に在る、

 

一つの心の位置を明確に捉えることができるようになり、

 

いつでも、その中へ没入することができるようになった。

 

 

これまでは、

 

「まず決断の主体の位置に戻ることが大切です。」とか、

 

「夢を見ている者の位置から世界を見ましょう。」

 

と言われたりしても、なんとなく、そういう場所を、

 

〝想像〟しながらやっていたのだが、しかしいまは、

 

本当に、そこにその位置がある、と分かる。

 

 

これはあくまで僕の場合なのだけれども、

 

ひとつの心は、身体の前方ではなく、

 

意識を、背後へ背後へと向かわせた先にある。

 

 

誰かを批判したくなった時や、怒りが出てきたとき、

 

ひとまず立ち止まって、意識を背後へと向かわせる。

 

やがて、ひとつの心(意識)の位置へとたどり着く。

 

そこから、更に意識を奥へ奥へと突き進んで行くと、

 

今度は靈(スピリット)の領域へと達する。

 

すると、神の実存(愛=歓び)の感じが、

 

一気に、ぐわぁーっ、と押し寄せてきて、

 

全てが愛一色となり、何もかもが自動的に赦せてゆく。

 

 

こういうふうに、ひとつの心の位置から、

 

前側(目で見ている世界側)に意識を向けると分離となり

 

後ろ向き(さらに背後方向)へ意識を向かわせてゆくと、

 

靈(スピリット)=実存の世界となる。

 

そして、いま、意識が選択しているこの実存の世界が、

 

現実世界よりも、圧倒的リアル感を持ち始めている。

 

こうして、いままで曖昧模糊だった、

 

決断の主体の位置が自分の中で明確になったことで、

 

赦しが神にまで直結するようになった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

  

そして、

 

どこまでも背後を突き進んで神までたどり着くと、

 

そのままぐるりとドーナツ状に一周して、

 

今度は、見ているスクリーンの背後から突き抜けるように

 

前方から神の愛と歓びの波動が、わっ、と押し寄せてくる。

 

そうなのだ!

 

後ろの正面は神だったのだ!

 

 

というわけで、外界(前方)は、僕にとって、

 

自分が手放すものだけを見る場所となり、

 

内面(後ろ側)の方が現実になりつつある。

 

 

僕らは、自分が意識の中で、習慣的に選んでいる方を、

 

実在していると信じることで、それに応じたストーリーが、

 

自分の夢の世界に投影され、自分に影響を与え続ける。

 

 

神の実存を信じ、神へと向かうことで、神の実存が、

 

自分の夢の世界に影響を与えるようになるのだ。