香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

呆けた一日

f:id:shusaku1:20200101034233j:plain

 

30日は、ただ、家でぼーっと、脱力して過ごした。

 

ネットもせず、テレビも見ず、本も読まず、酒も飲まず、

 

トイレへ行くのさえ面倒くさく、体も思考も停止状態、

 

ソファの上で、天井を眺めながら、ただ放心していた。

 

 

夜中になってようやくサバの缶詰の夕食を済ませ、

 

それから、クラウド録画で、レコード大賞を見た。

 

氷川きよし以外、全員グループなんだね。

 

それから、

 

キャンディーズの伊藤蘭が『年下の男の子』を歌ってた。

 

この人、65歳くらいなのに、声も体型も当時のままだし、

 

この若さはスゴすぎる!

 

欅坂46の『黒い羊』もよかった。平手のファンになりそう。

 

 

それにしても、クラウド録画って便利だと思う。

 

民放、CS、BSの全ての番組が自動録画されていて、

 

見たい番組を見たい時に見れる。

 

それに、CMや興味のない映像はすっ飛ばせるので、

 

このレコ大も、一時間ほどで見終わっちゃった。

 

お気に入りの映画もUSBにコピーできるし、

 

そういう意味で、時間は消去されることで、

 

どんどん加速していっているのかもしれない。

 

 

こうやってユルユルと過ぎる年末年始の時間を、

 

〝自分の後ろ側〟の中で過ごしている。

 

後ろ側では、神の〝愛してるよ〟だけが実在しており、

 

その愛に触れるには、黙して語らぬ環境、つまり、

 

今のような、概念を使わない状況が必要なのだ。

 

f:id:shusaku1:20200101041703j:plain

 

働いたり、子育てしたり、生活しているモードでいると、

 

I AM(私はいる)で愛を解釈してしまうので、即行、

 

〝愛してるよ〟は〝愛して欲しい〟にすり替えられる。

 

よって、心が静かに自分の内側と向き合える時に、

 

I AM NOT(私ではない)=それは起こせてない、

 

と、兄貴によって概念(外側)が取り消されることで、

 

自分が取り消され、GOD IS(神は在る)へ至リ易くなる。

 

 

I AM(私はいる)で否定した神を、

 

I AM NOT(私はいない)と再度否定されることで、

 

本当は、神の愛しかなかった、と認識されてくる。

 

 

要するに、神からの愛してるよ、という悦びを感じている

 

主体としての〝私〟が、真の自己(霊)なのではなく、

 

感じられている側、つまり、愛してるよ、

 

という想念の方こそが、本当の自分(スピリット)なのだ。

 

 

赦しを実践して、神に気づいたこの〝わ・た・し〟が、

 

父が待つ故郷へと帰ってゆくのではなく、

 

初めから故郷にいる私(霊)に気づくこと、すなわち、

 

本当の自己を発見するとは、自分が愛そのものだった

 

と知覚することこそが、心の機能となる。

 

 

そして、正常な心の機能とは、

 

最初に神を知りたい(愛したい)という意志をもつことで、

 

神の愛を体験し、結果その神の想念こそが自分だった、

 

という理解が起こることである。

 

 

そういう意味で、

 

いま、何もせずに、ぼーっと脱力していればいるほど、

 

兄貴は、間違いの取消しに奮闘してくれているのかも。