香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

だから、もっと愛して!

f:id:shusaku1:20191224000619j:plain

 

今日は、トレーナーとの筋トレセッションの日だったので、

 

昨夜、明け方までグダグダと色々やっていたのだが、

 

午前11時には起き、ジムのあるセントラルへ向かった。

 

おかげで、

 

日中を寝て過ごすことなく、一日を無駄にせずに済んだ。

 

 

今回は下半身と背筋を集中的に鍛えた。

 

スクワットではもう、吐き気を催すくらいキツかった。

 

それでも、身体はだいぶ絞れてきていて、

 

年末年始にドカ食いさえしなければ、一時帰国の頃には

 

目標体重58KGを、なんとかクリアできそうだ。

 

 

そして、今日の香港の気温は18℃、終日雨だった。

 

西洋人やフィリピン人が休暇で帰国しているせいか、

 

街は比較的静かで、夕食は冷凍餃子を焼いて食べた。

       

 

夜は部屋でまったり白ワインを飲みつつテキストを読む。

 

テレビ、ソファ、観葉植物、パソコン、中国家具の数々、

 

部屋中が〝愛してるよ〟と言っている。

 

厳密に言うならば、

 

これらのモノが愛しているよ、と言っているのではない。

 

その背後に流れている、自分は神から愛されている、

 

というメッセージを通して世界を観るから、

 

全てが愛の象徴に見えている。

 

   f:id:shusaku1:20191223030127j:plain

   ↑ 得意先の工場のポスター。

           「ケンカはご法度!

              負けたら入院、勝ったら牢獄。」 

 

例えば、スマホを〝私のスマホ〟として見るとき、

 

自分の中の、愛されたい、愛して欲しい、という欲求を、

 

スマホによって満たそうとしている。

 

しかし、スマホを神の反映として見るとき、

 

それは、神に愛されている、というメッセージとなる。

 

 

これは、周囲にいる兄弟たちについても言える。

 

目の前で誰が自分を攻撃していようと、

 

誰かが得をして、自分が損しているように見えようと、

 

彼らから受け取れるメッセージは、ただ、愛している、

 

という呼びかけだけである。

 

お気に入りのゲームや、愛車や、職業や家、または、

 

自分を愛してくれる何某、など、

 

これらを獲得することで、愛が得られると思っている。

 

ノー!

 

本当のメッセージは、神からの愛してる、だけ。

 

そして、このことを思い出すことが、赦しとなる。

 

 

じゃあ、どうすれば…、という話なのだが、

 

それには先ず、

 

誰かから愛されようとするのを一切止めることだ。

 

逆に言えば、もう誰からも愛されなくたって構わない、

 

だって神から愛されているから、と開き直ることでもある。

 

 

なぜなら、僕達は、

 

一秒たりとも神から愛されていなかった瞬間などなく、

 

その愛は常に変わることなくここに在ったので、

 

形態的な愛など必要ないからだ。

 

 

だが、僕達はあまりにもカタチある愛を信じてきたので、

 

愛されたい、から、愛されている(愛している)へと、

 

そう簡単には移行できないのも事実だ。

 

なので、幻想を見て、その奥にある本当のメッセージを

 

受け取る習慣をつける訓練が必要になってくる。

 

 

ガミガミ言ってくる誰かと対峙した時、

 

大好きなスマホゲームの中に没入しそうになった時、

 

また、お気に入りの車、洋服、場所、人間関係に於いて、

 

そこに形態的な意味を見出すのではなく、

 

それらの奥に在る〝愛してるよ〟を発見し続けること、

 

そういった訓練が決定的に必要となってくる。

 

 

そして最後には、

 

神の愛しかないことが体験的に理解できてくると、

 

もう、そういった訓練も必要なくなる。

 

 

というわけで、明日は、

 

香港そごうでも覗いてみようかなと思っている。