香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

始まってすらいない世界

f:id:shusaku1:20200101034226j:plain

 ↑ ここのモーニング。栄養バランスが抜群。 

 

春節を本格的に祝う香港は大みそかも普段通りである。

 

会社も、銀行も、お役所も、普通にやっている。

 

といっても、僕の場合、日本もフィリピンも休みなので、

 

業務の少ないこの時期に有給を消化している。

 

 

昨日は家でボーっとしていたが、大みそかの今日は、

 

チョイ姐が朝から年末の大掃除に来るというので、

 

早起きして、近くのカフェで朝食を食べた後、

 

ジムで自主トレをした。

 

その後、香港そごうとタイムズスクエアをブラブラした。

 

引っ越し以来、初めてタイムズスクエアの中に入った。

 

家から徒歩一分なのに、行こうとも思わなかった。

 

そごうで、IH対応のフライパンを買う。

 

家にあるフライパンはIH対応でないため、

 

料理をしても火が通らないのだ。

 

初めて知ったんだけど、フライパンって高いんだね。

 

ちょっといいやつは2万円くらいする。

 

で、結局僕が買ったのは、8500円くらいのやつ。

 

しかし、明日元日は、家の前で大規模デモがあるので、

 

このフライパンで、牛肉野菜炒めに挑戦するのだ。

 

 

夜、紅白と、笑ってはいけない、を飛ばし飛ばし見た。

 

やっぱり、欅坂がダントツ、もう平手にハマりまくり。

 

f:id:shusaku1:20200101034239j:plain

 ↑ ブランドものを買わなくなったので、

   すっかりタイムズスクエアから足が遠のいた

 

普段はあちこち飛び回っていて、なかなか静かに、

 

神の理解を深められずにいるので、今週は家でじっくり、

 

この世界は幻想で、たとえ起こっているように思えても、

 

そこにテーブルがあるように見えても、起こってない。

 

ゆえに、それは間違いだと気づいて見過すことが、

 

赦しであり、間違いを取り下げることだ、

 

という気づきを定着させてゆく。

 

 

たとえ誰かからの攻撃に苦しんでいようと、

 

どんなに、金銭的な大ピンチに陥っていようと、

 

また、大切な何かを失った喪失感に苛まれていようと、

 

それがいくらリアルに体感されたとしても、

 

やっぱりそれは起こってない、という赦しをしてゆく。

 

大事なのは間違いに気づくことであり、

 

自分は間違ったものを見ている、という認識である。

 

 

ただ、ひとつ注意が必要なのは、

 

起こっていることを見てから(実存させてから)、

 

「いや、これは起こってない」というふうに、

 

言い聞かせでやっても取り消せない、ということだ。

 

 

「こんなことが起こってしまってどうしよう?」ではなく、

 

起こっても大丈夫、それは起こせてもいなかったのだから、

 

という認識をもつこと、それが聖霊を思い出すことである。

 

 

そしてこれは、自分の内面に対しても言える。

 

どんな憎しみや嫌悪感からくる妄想劇場が起ころうが、

 

過去の出来事を思い出して後悔の念に苦しもうが、

 

それは単なるまやかしであり、自分の罪ではない。

 

 

この世界を間違いと認識している聖霊は、

 

間違いを見つけると直ちに取り消すという習性がある。

 

なので、そういう妄想劇場が湧き上がって来たとき、

 

即座に自我が騙そうとしていることに気づいて取り下げ、

 

聖霊に修正してもらえばいい。

 

 

起こっているように見えてもできていないのであれば、

 

できているのは〝神の愛〟だけである。

 

できていないことを認識してそれを否定することで、

 

神の悦びの想念を受け取る。

 

できていなかった、という否定と同時にやってくるのは、、

 

神に愛されている、という事実のみである。

 

 

仕事も、信用も、全てを失うかも、とか、

 

一文無しになってホームレスになるかも、とか、

 

大切な大切なあの人が自分から去ってゆくかも、とか、

 

あまりにリアルすぎる恐怖を目の前にしても、

 

対処せずに見過すと同時に、神に留まっていると、

 

自分が無意識で信じたものの結果であるこの世界は、

 

自然となるようになってゆく。

 

ていうか、別にならなくてもいい。無いのだから…。

 

 

そして最後、赦しは何もしない、に帰結する。

 

消えゆく姿をあるがままに受け入れ表現させておく。

 

邪魔をせず、聖霊に任せ、神に留まる。

 

f:id:shusaku1:20200102014158j:plain

↑ 見た目に反して味は悪くない 

 

というわけで、元日である。

 

クックパッドを見ながら、野菜牛肉炒めを作った。

 

オイスターソースとコチジャンがあったので、

 

味はどちらかと言えば、中華風である。

 

階下を見れば、通りは黒い人たちで埋めつくされていた。

 

元日の政府に対するデモが始まっていた。

 

f:id:shusaku1:20200102014145j:plain

 

とまあ、こんな感じで年を越した僕であるが、

 

本当は何も起こっておらず、何もできていなかった、

 

というオチに無理やり持っていき、

 

とりあえず、フィニッシュ!

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com