香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

父 帰る

f:id:shusaku1:20200111000917j:plain

 

今日は、銀行と保険会社へ行く用事があったので、

 

3時ごろから外出し、そのまま5時ごろに直帰した。

 

保険会社のある湾仔から、自宅のある銅鑼灣まで、

 

久しぶりに、何の目的もなく、ただぶらぶらと歩いた。

 

気温も18℃くらいで心地よい。

 

初めて香港の女の子とデートしたボストンレストランや、

 

昔、毎週のように通っていた香港麻雀館の前を通る。

 

この界隈は、まだ古き良き香港の雰囲気が残っていて、

 

街並みも、僕が香港へ来た頃と、あまり変わっていない。

 

こうしてノスタルジックな気分に浸りながら、

 

自分は本当にこの街が好きなのだな、と思った。

 

そして、この〝好き〟という気持ちが呼び水となり、

 

景色が愛の悦びに変わった。

 

f:id:shusaku1:20200111000902j:plain

 

というわけで、最近の僕は、やたら、愛だの悦びだのと

 

シュワシュワシュワシュワ、うるさい限りなのであるが、

 

シュワシュワと、実体無く起きてくる思考の泡ぶくを、

 

掴まず、解釈せず、また、何とかしようともせずに、

 

湧いてくるものを消えてゆかせるままにしていると、

 

なぜか、とてもリラックスした気持ちになれる。

 

f:id:shusaku1:20200111000924j:plain

 

そうやって、

 

問題を見過して実在させずに、それを真実と取り換える。

 

問題や批判的な感情が起こった際に、

 

思考を凝視するのではなく、ただ行かせることで、

 

真の自己は霊(スピリット)だったと思い出す。

 

それが、真実(神)と取り換える、の実践的意味である。

 

f:id:shusaku1:20200111000933j:plain

 

ある意味、僕たちの機能は、訂正することではなく、

 

存在しないものを見すごす能力にあると言える。

 

なぜなら、訂正をする〝自分〟などいないからだ。

 

 

僕たちの心が、実存(神の想念)を選ぶことで、

 

聖霊(量子)が、別の時間と空間において、

 

まったくこれまでとは違うシナリオを用意する。

 

俗な言い方をすれば、これぞまさしく、

 

究極の〝引き寄せ〟なのではないだろうか。

 

だが、シナリオを変えるのは自分ではない。

 

シナリオの一部である自分には、何も変えられない。

 

しかも、

 

そのシナリオさえ起きていなかった、というオチ付きだ。

 

 

もう、常に、ここに在る〝神〟そのものでしかない。

 

不変で普遍の完ぺきな愛そのものでしかない。

 

と、そんな感じで、家の近くまでやってきた。

 

途中、棋哥燒味店でチャーシューを半斤買って帰る。

 

サクランボが安くなっていたので、1ポンド買った。

 

あっ、ケチケチ生活で行くはずだったのに…。

 

まっ、これもシナリオということで…。