香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

無の赦し

f:id:shusaku1:20200129234245j:plain

👆 JRの駅前やのに、なんで阪急やねん!👆

 

明日で二週間にわたる一時帰国が終わる。

 

明日は移動日なので、実質的には今日が最終日となる。

 

この二週間は、本当に、いまここに在る神に抵抗せず、

 

いまここに在る神に気づきながら過ごせた。

 

 

毎日忙しく仕事をしていると、

 

ときに、勝手に起きてくる事象を見過ごすことができず、

 

それに反応している自分を自分だと思い込んだりする。

 

そういう意味で、今回の休暇は、ずっと実家にいて、

 

ゆったり、まったり、神の中の自己を認識していた。

 

f:id:shusaku1:20200131023044j:plain

 

ただ、思考だけが起きており、それは自分ではない。

 

思考同士がシュワッ、シュワッ、と会話しているだけで、

 

思考が自分だと思う、別の〝思考〟によって、

 

自分がこんな事を思った、言った、やったと考えている。

 

そこから、本来、存在するはずのない自分が、

 

あるはずのない罪悪感を生み出している。

 

 

起きてくる一つ一つの事柄を、自分が起こしている、

 

という錯覚が、罪悪感の源となっている。

 

一つ一つの起こっているように見える出来事に対して、

 

そこに赦すべき自分などいなかった、と、

 

〝心〟が気づくことが〝本当に無い〟赦しとなる。

 

 

個の自分がいない、思考しかない、という事実は、

 

信じるか信じないかではなく、悟って解かることでもなく、

 

何かをふっと思う、思いの源を見れば誰でもわかる。

 

言い方を変えれば、

 

あの件に関してはこういう風に対処しよう、とか、

 

あの人の事をこんな風に言おう、という思いが〝ふっ〟と

 

出てこない限り、それをすることも、言うこともできない。

 

その〝ふっ〟に主体はなく、ただ湧き出ているだけだ。

 

本当の自分とは何の関係もない。

 

 

真の自己は神の中にあり、神に気づくことで見つかる。

 

神に気づくには、出来事に抵抗しないこと。

 

 

神はずっとここに在って、一ミリも動いたことがない。

 

それを知るには、いまここで一ミリも動かず、見る。

 

そうして、自分はすでに父の元に帰っており、

 

その、すでにそこにいる自分が自分だった。

 

f:id:shusaku1:20200129234258j:plain

 

明日香港へ戻る僕のために、母がマスクを持たせようと

 

あちこち奔走してくれたのだが、

 

やはり、品切れだったらしく、そこで何を思ったのか、

 

母は、父が自分用に買ってあったマスクを、

 

持って行け、と僕に箱ごと差し出した。

 

 

「これはわしのやろ。なんでやらなあかんねん!」

 

と、父が母に詰め寄る。

 

「また、売ってるときに買うてきたらええやんか。」と母。

 

「さっき、どこにも売ってへんって言うてたやないか」と父。

 

「家から出えへんかったら、感染もせえへん。」と母。

 

 

会社がマスクを手配して送ってくれてるから要らんよ、

 

と僕が言っても、すったもんだは収まらず、

 

そうしてひと悶着するうち畳にマスクがぶちまけられ…。

 

結局、20枚ほどもらってスーツケースに詰めた。

 

     

それにしても、おそるべし、母の愛。

 

父は、それから3分もしないうちに、

 

マスクのことは忘れ『徹子の部屋』を見て笑っている。

 

ああ、いまに在るとはこういうことなのか。

 

父を見習おう。

  blog.hoshitani-shusaku.com