香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

うす曇りの土曜日

f:id:shusaku1:20200313230202j:plain

 

今日は三連休の二日目、ずっと家でうだうだしていた。

 

夕方、すんごく眠くなって爆睡する。

 

そういえば昨日は春分の日だったんだね。

 

深夜に起きだし、何か食べようと思って外へ出てみる。

 

香港そごうの辺りで何組か路上ライブをやっていた。

 

香港もだんだん活気を取り戻しつつあるのでうれしい。

 

結局、昨日食べたポークステーキの味が忘れられず、

 

同じ食堂で同じステーキを頼んだ。ああ、美味しかった!

 

f:id:shusaku1:20200313225944j:plain

 

神の世界(実相)だけが真実で、それ以外は存在しない、

 

という点について、コースは一切の妥協をしない、

 

と、言っているが、神がいまここに在る、を智ったいま、

 

本当の意味でこの〝妥協しない〟を生き始めている。

 

 

純粋非二元以外真実ではない、を実践するとは、

 

いかなる肉体としての個のアイデンティティ、例えば、

 

〝私は、やり甲斐のある仕事を持ちながら、

 

愛する伴侶や子供と共に、充実した人生を歩んでいる

 

何某という肉体です〟

 

の一切を放棄することを意味する。

 

もちろん、精神的にではあるけれど…。

 

 

神の愛だけが実在だ、と言われれば、

 

そうだよねえ、愛しかないよねえ、とうなづけても、

 

それ以外は実在ではない、と断言されれば、

 

ええっ、と、水を差されたようにシラケてしまう。

 

 

僕は結婚もしておらず、子供もおらず、伴侶もおらず、

 

財産もなく、執着する何かや、守るべきものもないため、

 

もう明日にでも幻想から脱出してもマジ平気である。

 

それに、年齢的にも、もういい年であるので、

 

したいこともやったし、未練や思い残すことも特にない。

 

 

しかし、ちょっと前までは、

 

コースは心の中のことだけを言っていて、

 

外の世界では別に何をしてもいいんだよね、とか、

 

心の中で夢だと解っていればお金儲けもOKだよ、とか、

 

神に触れれば、特別な人がもっと愛おしくなるよ、

 

という風に「コースは心の中だけを扱っているから…」

 

を口実にして、本音では現実を良くしたいと思っており、

 

しかも、そのことに本人は全く気づいていない、という…。

 

f:id:shusaku1:20200313230223j:plain

 

〝神だけが実存〟が先手に来るべきだ、と思うのだ。

 

神だけが実存で、その神はすでに今ここに在った、

 

がバシッと体験として入って初めて、

 

それ以外のものは本当に無かった、と理解できる。

 

 

神に在る、が見えていると、

 

天職だと思えるこの仕事や、大切なこの肉体や、

 

かわいい子供や孫、大好きな趣味やスポーツが、

 

存在すらしていない幻だった、と理解しながら、

 

その奥に流れる神の愛を感じることができる。

 

そうして初めて、

 

あなたがこの幻想の世界で愛している全てのものは、

 

なにひとつ実在ではない、と心から断言でき、

 

大切にしている自動車、地位、収入、仕事、

 

特別なパートナー、自分を分かってくれる友人、

 

土地、家、財産、貯金、生活の糧、信用、お金、などの、

 

まやかしの神を、幻想としては維持しながらも、

 

〝真に〟放棄することができるのだ。

 

なぜなら、

 

心底、納得して放棄できたとき、まやかしだった神が、

 

今度は、本物の神の写し絵となって輝き出すからだ。