香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

街が哭いている

f:id:shusaku1:20200701190015j:plain

 

今日は返還記念日で国家安全法の施行日である。

 

それでも、僕の家の前は、国安法に抗議する

 

多くの市民で埋め尽くされていた。

 

すでにデモは禁止されているので、大通りを歩かず、

 

一本逸れた小さな道を、ちょっと街ブラしてます、

 

といった感じで、大勢の人たちが行進する。

 

これなら、デモではなくただ道を歩いているだけ、

 

なので、逮捕することはできない。

 

それと、50人以上の集会も禁じられているため、

 

すっごくゆっくりとぐるぐる移動しながら、歩く。

 

これなら、移動しているので集会には当たらない。

 

すごい! ここまでくれば、もう感動しかない。

 

f:id:shusaku1:20200701190034j:plain

 

こんな感じで、

 

激動の香港であるが、僕の意識も激動中である。

 

前出のタメ口事件のように、ふとした拍子に、

 

自分の中の無価値感や罪悪感が浮上してくる。

 

しかし、これはもう、神を選択した結果であり、

 

神が入ったら自動的に出てくる、

 

いわば通過儀礼のようなものだと観念している。

 

ただ、これらの〝びゅんびゅん〟を、

 

みぞおちの祭壇に放置して見過ごしてゆく。

 

その後は、今、この瞬間に在る神に抵抗せず、

 

〝神〟というひとつの解釈だけを受け容れてゆく。

 

f:id:shusaku1:20200701190025j:plain


 

 

ああ、出てきた出て来た、オッケーオッケー、と、

 

深刻にならずに、こうして罪悪感や無価値観からくる

 

不快感を見過ごしてゆけるのも、やはり、

 

先に〝神が入っている〟からだ、と思っている。

 

神が先手、というか、

 

罪悪感を手放すから、神が感じられるのではなく、

 

神を思い出した結果として、それにそぐわない、

 

罪悪感や無価値観が、出来事をきっかけとして、

 

浮上してくるのだと思うのだ。

 

だから、深い動揺や不快感に襲われても、

 

まあ、きついのはきついが、ある納得感を以って、

 

これも兄貴による最善の采配だ、と赦せるのだ。

 

f:id:shusaku1:20200701190003j:plain

 

そしてこれも人それぞれなのだが、僕の場合は、

 

自我の解釈を取り下げる、とか、再度選びなおす、

 

というより、初めから、神という一つの解釈だけを

 

受け容れてゆく方が、すんなりと神を感じられる。

 

なぜなら、いくら解釈だけが問題だと言われたって、

 

肉体を持って毎日何らかの活動をしている限り、

 

解釈をせずに日常を過ごすことなど不可能だし、

 

罪悪感や無価値観を感じた時点で、

 

すでに解釈をし終わっているわけで、

 

それを取り下げ、選びなおすなんて、

 

僕には到底無理だ。(笑)

 

f:id:shusaku1:20200701190101j:plain

 

何だか今年は、

 

あっという間に過ぎ去ってしまう気がする。

 

まあ、これも神の流れに乗っている、ということで…。

 

blog.hoshitani-shusaku.com