香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

巣ごもり

f:id:shusaku1:20200628002347j:plain

👆 クーラー取り換え工事の際

  無惨に切り取られた飾りボード

 

香港では、

 

連日三桁のコロナ感染者が出ている。

 

20日間も感染者ゼロが続いてたのに、

 

大陸からの人の往来を少し緩和した途端、

 

市中感染が広まってしまった。

 

 

それで明日から、外食が終日禁止となる。

 

実質レストランは営業停止だ。

 

テイクアウトは可能らしいが、

 

人件費や光熱費、容器などにかかる費用を

 

計算すると、割が合わないらしく、

 

その期間は閉めてしまう店が多い。

 

スーパーへの入場規制も検討されており、

 

そうなると、買い物もままならなくなる。

 

 

というわけで、深夜零時にわざわざ、

 

ドンキまで、食料買い出しに行ってきた。

 

日中はすごい人でごった返しており、、

 

ゆっくり買い物ができないからだ。

 

それに、ドンキだって、

 

いつまで通常営業できるかわからないし。

 

 

お弁当のおかずシリーズなどの冷凍食品を

 

中心に、レトルトカレーやチルドの麺類など

 

なるべく保存のきく食料を買い揃えた。

 

まあ、これだけ食料を確保しとけば、

 

多分、お盆前くらいまでは、男一匹、

 

半ロックダウン状態を生き抜いていける!

 

これで心おきなく、

 

〝在宅お籠り勤務〟を満喫できるのだ。

 

 

f:id:shusaku1:20200628002352j:plain

 👆 職人さんが来て修復してくれた

 

それにしても、

 

これまでそんなに意識してこなかったが、

 

家に十分な食料がある状態というのは、

 

雪に埋もれた深い森で、

 

樹木の内部に作った巣の中に、

 

たくさんの木の実を貯えて冬眠する

 

小動物の安心感にも似て、

 

なんか、ぬくぬくとして心地いい。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

というわけで、もうこうなったら、

 

全てが停止したこの貴重な時間を使い、

 

とことん、内側へ内側へと向かい続け、

 

ハートの中で父の心と一つになって、

 

聖なる〝いま〟を過ごすのだ。

 

そして、

 

この内なる時間を抜けた時、

 

こことは全く別の、どこか遠い、

 

それでいてとても懐かしい場所に、

 

辿り着いているような気がするのだ。