香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

平安経

f:id:shusaku1:20200802221907j:plain

👆 『平安経』著者の架電氏(検閲回避のため仮名)

    この手があったか、と物書きとしては感服! 

 

いま、中国吉林省の高官が出版した

 

『平安経』という奇書が、中国で物議を醸している。

 

あらゆる単語の語尾に〝平安〟という文字を加え、

 

ただ延々と羅列しただけの本で、最初は当局から

 

絶賛されていたが、国内のSNSで、

 

「稚拙すぎる」「意味不明」「あまりに安易」

 

と批判が殺到するや否や、出版社は、

 

「そんな書籍を出版したことは一度もない」

 

と言い出す始末。

 

それで、当初、

 

「前例のない平安をテーマにした傑作」と、

 

称賛されていた本書は一転、発禁となり、

 

著者の架電氏も定年間近の57歳にして、

 

副党書記と副庁長の職を解任されてしまった。

 

f:id:shusaku1:20200802221844j:plain

 👆 鼻平安、耳平安、平衡感覚平安、聴覚平安、って

   マジウケる!

   

 

本書はまず 「宇宙時空平安」「世界各界平安」

 

といった10章に別れ、その中で、さらに細かく、

 

中国平安、男性平安、女性平安、幼稚園平安、

 

北京首都空港平安、上海浦東空港平安、

 

1歳平安、2歳平安…99歳平安、大動脈平安、

 

と、末尾に平安をくっつけただけの単語を、

 

ひたすら並べてゆくだけの一冊となっている。

 

これをお経のように読むことで、

 

人民は平和な雰囲気を醸成し、

 

平安なエネルギーを集めることができるらしい。

 

 

この本の著者の架電氏は、筋金入りの幹部で、

 

公安職員を育成する著書なども30冊に上り、

 

本書も政府機関出版社から出版されている。

 

こういった出版物は、党員は必ず購入するので

 

金儲けのために、安易な内容の本を出した、と、

 

吉林省の風紀委員会が問題視したのだという。

 

f:id:shusaku1:20200802221849p:plain

👆 解任が決まり涙する本人

 

僕がこの本の存在を知った時、すぐにでも、

 

この『平安経』が欲しい、と思った。

 

持っているだけで心が平安になるような、

 

ご利益が詰まった般若心経のような本に思える。

 

これは僕の推測だが、著者は本当に心から、

 

世界の平安を祈ってこの本を書いたように思う。

 

なぜなら、

 

党の裏の裏まで知り抜いている幹部なら

 

こんな本を出したらどうなるか、

 

結果は自分自身が一番わかっている筈だからだ。

 

 

それに、二十歳そこそこの文学青年ではなく、

 

ガチガチ体制側の公安の偉いさんが書いた、

 

という点が、ボクを嬉しくさせる。

 

 

積み上げてきた全てのキャリアを失った著者。

 

彼の本当の平安は、この瞬間から始まった。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com